Webブラウザの最近のブログ記事

Chrome9.0.597.15系で発生していたマウスホイールの上スクロールが効かなくなる現象ですが、これはバグであったそうで、9.0.597.16 devで修正されました。やがてβや安定版にも降りてくると思います。

dev(開発版)リリース、インストールはこちら

さて、上記の現象、2008年頃にも一度発生していたようですね。その頃の暫定対策としては、上スクロールに「キーボードの↑を割り当てる」とかでしたが。

自分の使ってるLogicool G9がSetPoint 6.0でキー設定が全く出来ない状態で、uberoptionsもちょっと考えたんですが、最後に念のため「2010」も入れて検索してみて良かったです。

また、他の情報だと9.0.597.16 dedvで内蔵Flashの正常動作も確認されたようです。

 

 多くのWebブラウザでは、一般的なサイトの表示フォントを変更するオプションは当然ついています。それに加えてWebサイト側で表示フォントを固定しているものを強制的に変更することが可能になるオプションも用意しています。

Chromeではこの強制的に変更というオプションがありません。しかし、以下のように拡張機能を導入、修正すれば事実上好きなフォント(ここでは例としてメイリオ)で表示させられるようになります。

  1. Webpage Decoratorという拡張機能を導入
    https://chrome.google.com/extensions/detail/idmfdjpebmchkoghokmjmgbeejhfjncc?hl=ja
  2. コントロールパネル→フォルダーオプションで「隠しファイル・隠しフォルダを表示させる」よう設定
  3. ユーザーフォルダ以下の ¥AppData¥Local¥Google¥Chrome¥User Data¥Default¥Extensions¥idmfdjpebmchkoghokmjmgbeejhfjncc¥1.2 を開く
  4. popup.htmlをエディタで開く
  5. 558行目の中国語フォントっぽい部分を’メイリオ''Meiryo'に変更して、保存。
  6. 例として、yahooトップページに行き、アドレスバーにあるWebpage Decoratorのアイコンをクリックして開いた設定ダイアログのfont-family欄をクリック、次の画面で設定。

以上です。(Witten by DZ. / Ver.1.0.0.0 / 2010.5.9)

 

追記 (2010.5.17)
5.の項目フォント変更の欄を"メイリオ"としていましたが、"Meiryo'でした。訂正してお詫び致します。

× メイリオ  > ○ Meiryo

なお、メイリオだけでなく色々なフォントが試せると思います。フォントセットとして登録できるのでいろいろやってみて下さい。

 

追記 (2010.6.22)
現在は、「強制メイリオちゃん」という拡張機能が出ています。メイリオだけにしたい場合はこの拡張機能を入れる方が簡単確実です。

強制メイリオちゃん
https://chrome.google.com/extensions/detail/lijiadlohkonopgceakmnmdddjchilha

 

2010年、明けました。今年の抱負。

ついに2010年です。未だに宇宙旅行は実現されていないのですね。

そんな訳で、今頃となりましたが、明けましておめでとうございます。

今年はニュース系の話題は少し控え目にして、本来のプログラミングの方の記事を細々と書いていこうと思います。初心者なので参考にならないとは思いますがお付き合い下さい。

宜しくお願い致します。

 ■ IE6/7/8でWebサイトの見栄えを見比べ「Microsoft Expression Web SuperPreview」 (窓の杜, 2009.12.17)

「Microsoft Expression Web SuperPreview for Windows Internet Explorer」は、Webオーサリングツール「Microsoft Expression Web」に同梱されているWebページ表示の互換性チェックツール「SuperPreview」の機能限定版。1つのPCで本来共存できないIE6/7/8でのWebページ表示を手軽に一括確認できるのはうれしい。まだ古いバージョンのIEを利用しているユーザーは多いので、Webサイト開発者には必須のソフトと言えるだろう。

---

Web標準という言葉はWeb開発者だけでなく、自分のホームページを作ったことのあるPCユーザなら知っているのではないでしょうか。・・・・・と思いましたが、自分の周りの人を思い浮かべてみるとそうでもなさそうな。特に(やや偏見ですが)InternetExplorerでしかチェックしてないような人は知らなさそうな・・・。

そういう人にもちょっと知ってもらいたいツールです。これさえあれば、本来一つのOS上に共存できないInternetExploreの 6, 7, 8での表示の差違のチェックが可能です。

とはいえ、Web標準に対応していないIE6への対応はそろそろやめた方がいいのじゃないかとは思うのですが。

 ■ Google ChromeにMac/Linuxベータ版、エクステンション対応 (Engadget Japanese, 2009.12.9)

提供が始まったベータ版は拍子抜けするほどWindows版 Chromeそのままですが、Mac版ではインターフェースの細かな挙動まで違和感なくOS Xと調和するように、またLinux版でもOSネイティブのパッケージマネージャを利用するなど各プラットフォームの流儀にちゃんとあわせています。

ついにChrome Windows版エクステンション公開(Chrome Mac版も公開。エクステンションはあと少し)(Tech Crunch, 2009.12.9)

Macユーザーもついに正式にChromeブラウザが使えるようになった。 一方、Windows版、Linux版のユーザーには予定より早くChromeエクステンションの正式サポートが開始された。これでWindows版、Linux版のユーザーなら誰でもエクステンションが使えるようになる。(従来はデベロッパー版向けのみだった)。

---

Googleの爆速WebブラウザであるGoogle Chromeが遂に拡張機能(エクステンション)対応になりました。これまで、爆速ではあるけれども機能的には基本機能でしかなく、使用感にやや不満を覚えていた方なども多かったと思いますが、そういった方々にも強くアピールできるブラウザになったのではないでしょうか。

また、期待されていたLinux版およびMac OS X版のベータ版もリリースされました。Linux版ではWindows版と同様エクステンション対応、Mac OS X版はもう少しお預けのようです。

→Chrome Extention Galleryはこちら(英語)からhttps://chrome.google.com/extensions

 

 ■ Firefox 3.6β4公開 ローカルファイル処理が可能に (ITmedia News, 2009.11.27)

Mozilla Foundationは11月26日、Firefox 3.6のβ4をリリースした。100件を超えるバグフィックスを盛り込んだほか、HTML5のFile APIをサポートしている。このAPIにより、Webアプリがユーザーの選んだローカルファイルにアクセスできるようになる。例えばオンライン写真共有アプリで、ローカルにある画像ファイルをブラウザでサムネイル表示し、その中から選んだ画像をWebにアップロードするといったような機能が実装可能になる。

β4はWindows、Mac OS X、Linux向けに英語、日本語など各言語版が公開されている。

ダウンロードはこちらから

---

HTML5のFile API、記事に例が載っていますがいまいち分かりません。詳しく知りたいという型は、HTML5.JPを参照してみてはいかがでしょうか。

→ HTML5.JP - 次世代HTML標準 HTML5情報サイト http://www.html5.jp/

Google Chrome for Macのベータ版が間もなく登場か (マイコミジャーナル, 2009.12.1)

長らく登場が待たれていたGoogle ChromeのMac OS X版が、パブリックベータとして間もなく公開されることになりそうだ。Chrome for Mac開発チームのMike Pinkerton氏がTwitterで29日(米国時間)、同製品の既知のバグが8つまで絞り込まれたことを報告。さらにその約20時間後にあたる原稿執筆時点のタイミングで5つまで減少しており、数日中にも正式ベータとして公開される可能性が高い。

---

私は今はMacユーザーではないので、本当に待ち望まれていたのかどうかはサッパリ分からないのですが、とにかくMac OS X版のGoogle Chromeブラウザの登場が近いようです。

テーマ機能「Personas」を統合した「Firefox」次期バージョンv3.6のβ版が公開 (窓の杜, 2009.11.2)

 Mozillaは10月30日、Webブラウザー「Firefox」の次期バージョンv3.6のベータ版を公開した。今回公開された「Firefox」v3.6b1では、「Firefox」の外観を手軽にカスタマイズできる拡張機能「Personas」の機能が統 合された。

 さらに、Windows 7のライブサムネイル機能にも対応。複数のタブを開いている場合は、それぞれのタブの内容がタスクボタンの上部に現れる複数のプレビューウィンドウに表示 される仕組みで、カーソルの移動だけでフォーカスが当たっているタブへ切り替えていくことができる。ただし、同じくWindows 7の新機能であるジャンプリストにはまだ対応していないようだ。

 そのほか、レンダリングエンジン“Gecko”がv1.9.2へバージョンアップされており、さまざまな新技術への対応や動作速度の改善、不具合の修正などが施されている。

Firefoxベータ版ダウンロードページ
 http://www.mozilla.com/en-US/firefox/all-beta.html

---

Mozilla Firefoxのマイナーバージョンアップのベータ版が公開されました。レンダリングエンジンGeckoの更新の他、Windows 7の機能への一部対応が主のようです。外観を手軽にカスタマイズできる拡張機能が標準搭載されたようですがこれは標準じゃなくても良かったんじゃないかなぁと個人的には思います。

Windows 7のジャンプリストが便利すぎるので早期の対応を期待します。

米Google、「Chrome 4」をベータチャネルで提供開始 (SourceForge.JP, 2009.11.4)

 米Googleは11月2日(米国時間)、WebKitベースのオープンソースWebブラウザ「Google Chrome 4.0.223.16」のベータ版を公開した。ブックマーク同期機能をデフォルトで搭載、ベータ専用ページよりダウンロードできる。対応OSは Windows Vista/XP SP2以上。

 最大の特徴はブックマーク同期機能。ブックマーク内容を自動保存し、複数の端末でChromeを利用する際に共有できるようにする。バグ修正などにより安定性を強化したほか性能も改善した。拡張機能は、APIがまだ固まっていないことから無効となっている。拡張機能を利用したいユーザーは、開発者向けリリースで利用できるという。

「Google Chrome 4.0.223.16」ベータ版ダウンロード
http://www.google.com/intl/en/landing/chrome/beta/

---

動作が速いことで知られるGoogleのWebブラウザ「Google Chrome」の次期バージョン「Chrome 4」がベータチャネルに移行してきました。拡張機能対応はまだのようですが、ブックマークの同期機能が実装されたようです。

「Google Chrome」v3.0.195.24が公開、JavaScriptエンジン“V8”の脆弱性を修正 (窓の杜, 2009.10.1)

米Google Inc.は9月30日(現地時間)、同社製Webブラウザー「Google Chrome」の最新版となるv3.0.195.24を公開した。本バージョンでは、JavaScriptエンジン“V8”に存在する脆弱性が1件修正されている。

 本脆弱性は、データ変換を行う関数における、文字列を浮動小数点数へ変換する処理の不具合によるもので、悪用されるとサンドボックス内で任意のコードが実行されてしまうおそれがある。なお、本脆弱性の深刻度は4段階中上から2番目の“High”と判定されている

  「Google Chrome」はWindows XP/Vistaに対応するフリーソフトで、現在同社のWebサイトからダウンロードできる。なお、すでに本ソフトをインストールしている場合は、数日の うちに自動でアップデートされる仕組み。また、バージョン情報画面から[今すぐアップデート]ボタンを押すことで手動アップデートすることも可能。

ダウンロードサイト : http://www.google.com/chrome

----

深刻度の高い脆弱性に対する修正版ですので、お早めのアップデートをお薦めします。

ということで私も早速手動アップデートをしようと思ってChromeを立ち上げてみたら、もう適用されていました。立ち上げるときに勝手に適用されるのでしょうか。それにしては一瞬でしたが。それとも何かサービスが裏で起動しているのかな?

カスタム検索
Access Counter
Powered by Movable Type 4.22-ja

2016年9月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30