Bluetoothの最近のブログ記事

数ヶ月前、YAMAHAがRX-V575, 475を発表した。その際にオプションとして発表されたのがこのBluetoothレシーバ YBA-11だ。YBA-11の特徴はなんと言っても音声出力が同軸デジタル端子であることだ。これにより劣化のないデジタルデータのままアンプに送出することが可能だ。

  • 対応機種:RX-A3020、RX-A2020、RX-A1020、RX-V773、RX-V575、RX-V475

となっているが、電源さえ確保できれば同軸デジタル入力のあるアンプならなんでも使えるはず。今日日USB電源なんて簡単に取れるので特に心配はないだろう。ただし、本体に電源スイッチがついていないので使用しないときには電源ケーブルを抜いておく必要がある。あるいは、100均ショップに売っているUSB通電スイッチなんかを使用するのも手だ。

さて、予約していたAmazonから本日配送されてきたので早速開封してみた。以下はパッケージを開封したところ。付属の同軸ケーブルはとりあえず的なものなので手持ちのお好きな奴を使うと良い。

本体の電源コネクタは◎型で5V 0.5A、付属の電源ケーブルは◎-USB A端子のもの。(きちんと測ってはいないが外径5.5mm-内径2.5mmのものと思われる。Amazonやパーツ屋などで単独でも売っているので予備として使えるかもしれない。自己責任でどうぞ)

背面接続端子は以下のような感じ。

押し入れから探してきた同軸ケーブル(笑 PIONEERのOFCケーブルらしい。

ちなみにうちのアンプは、YAMAHA AX-V567である。この機種にはUSB端子がないので市販のUSB電源アダプタを使った。蛇足だが意外に定格の5V/0.5Aのアダプタが見つからずに焦った。スマホなどを急速充電したいが為に手持ちは1.0A以上のものばかりだった。なんとか0.5Aのものを見つけて接続した。

 

さて、次は端末とペアリングしてみる。

用意した端末は、au HTL21 HTC J butterfly。aptXコーデック対応・・・・のはずだ。aptXコーデックについては以下のサイトが分かり易い。

■ ケータイ用語の基礎知識 第545回:aptXとは (ケータイWatch, 2011.12.20)
http://k-tai.impress.co.jp/docs/column/keyword/20111220_500358.html

一応、HTCの公式サイトを見ると、

HTC butterfly (海外版)のスペック表
http://www.htc.com/www/smartphones/htc-butterfly/#specs
HTC J butterfly (au HTL21)のスペック表
http://www.htc.com/jp/smartphones/htl21/#specs

おそらくHTC J butterflyもapt-x対応のはず。 なおも検索していると次のような記事を発見した。
http://csqa.kddi.com/posts/view/qid/1301120089
これで一応確認したこととする。

とりあえずペアリングだ。これは端末側でBluetoothをオンにして端末を探すだけだ。

  

これだけだ。だが、これがaptXで繋がっているのかどうかが全然分からない。

 

とりあえず今音源が入っていないのでTuneInRadioでネトラジを流してみた。

・・・はい、当然のように音が出た。当然だけど感動した(笑
ちなみにHTCのBeats Audioもしっかり効いています。

結論。対応機種なんて関係ない。

 -------

ケーズデンキ秋田にて、39,500円。コジマより300円安くしてくれました。

今まではBRAVIA KDL-40NX720にUSB HDD付けて録画していたのと、残したいのは居間にある親のBDZ-T25借りてやっていたのですが、やっと手元にレコーダーが持てました。

 

最近はプログラミングの方はさっぱりやってません。VisualStudioもお蔵入りしてるし、AutoCADもフル版のネットワークライセンスが私の部署に回ってこなくなって久しく、すっかりLT使いに。唯一ExcelとWordのVBAをちょこっとやる程度です。モバイル開発も結局手を出さずです。

実家に帰ってきて一年が過ぎました。昨年から今年にかけて購入したもの。

  • SONY KDL-40NX720
  • SONY PRS-T2
  • docomo Xperia SX
  • docomo Galaxy Note
  • au IS12T
  • Willcom SOCIUS
  • au ISW12HT HTC EVO 3D
  • Google Nexus7 (8GBと32GB)
  • Aterm MR01LN (BIGLOBE LTE : 一回線SIMx3枚 上限7GB/月)
  • au HTL21 HTC J butterfly
  • SONY NEX-5R ダブルズームキット
  • SONY BDZ-EW500

やっぱり物欲が途切れないです・・・。他に狙っているのは

  • Nokia Lumia 620 (Windows Phone 8)
  • acer Veriton VX4620G-F54D (PC, レコーダー買ったので半年後に先延ばし)

写真

 

 

 

ソニーのBluetoothマウスに過熱・やけどの恐れ、無償交換対応 (Engadget Japanese, 2009.9.11)

SONY VBP-BMS11

ソニーのBluetoothマウス VGP-BMS10 に発熱などの問題が見つかり、無償交換がアナウンスされています。8月に発売されたVGP-BMS10/Sはスライドするアルミカバーが特徴の Bluetooth レーザーマウス製品。問題は単4電池をマウス本体に取り付ける際、マウス側のプラス端子部分にひっかかって固定が外れることで、電源が入らなくなる、ある いは外れた端子が基板と接触して短絡・発熱する可能性があるというもの。対象はこれまでに販売された約1900台。

短絡が発生した場合、 マウスの手前側面にあるストラップポール付近が高熱になり軽微なやけどにつながる可能性もあります。ソニーによれば、現在までにやけどの報告はないもの の、電源が入らない・マウスが動かないという報告を8月中に国内で3件受けているとのこと。ソニーは当該製品の販売を一時取りやめており、購入したユー ザーには改善品への無償交換対応をおこなっています。販売再開・改善品の発送は9月下旬ごろ。購入したかたはリンク先の問い合わせページへ。銀色でスライ ドするあのマウスが欲しいけど見当たらない、というかたは月末くらいまで待てばまた購入できます。

この製品をお持ちの方はこちらの対応サイトへどうぞ。

ソニーからスライドカバーデザインのBluetoothマウス VGP-MBS10 (Engadget Japanese, 2009.6.16)
ソニー、「QuickWeb Access」機能搭載の“VAIO type N”とBluetoothマウスを発売 (Phile-web, 2009.6.16)

このところ地味にですが少しずつ増えつつあるBluetoothマウスですが、SONYからも発売されることになりました。このマウスの特徴は、クリックボタン部にスライドカバーが付いている点で、このスライドカバーが電源スイッチも兼ね備えているという点です。ワイヤレスですから当然電源として電池が必要なのですが、常時電源入りっぱなしではすぐ電池が切れてしまいます。そのためワイヤレスマウスでは大概動かされなくなって少し時間が経つとオートで電源が切れる仕様になっています(スクリーンセーバーみたいなもんです)。これがスライドカバーで明示的に電源のオンオフが出来、もちろんクリックボタン上にスライドカバーが来ていますからクリックが出来ない状態がオフということになります。

マウスとしての機能はごくごく普通で800dpiのレーザーセンサに左右クリックボタン+スクロールホイールボタンというもの。Bluetooth2.0+EDR接続、電池は単4型アルカリ乾電池×2本で約 1.5ヶ月(週5日、5時間/日使用した場合)。重量は約90g。発売は8月、価格は予想6500円くらいとのこと。公式対応機種はVAIOとなっていますが、汎用Bluetoothじゃないかと一応期待。

面白いのはモバイル用マウスということでストラップホールがあいていることでしょうか。

このようなイメージで使うらしいです。

 

記事のリンク先の都合上、VAIOも紹介しなくちゃでしょうか。というのも、私はSONYファンでありながらWindows PCつまりVAIOにだけは全く興味が沸かないという変わり者なんです。デスクトップは自作ですし、ノートはPanasonic Let's NoteかIBM(Lenovo) Thinkpad、今使ってるネットブックもLenovoです。

まあそんなわけで、Phile-webの記事によると、電源OFFからブラウザを素早く起動可能な「QuickWeb Access」機能などを搭載したノートPC“VAIO type N NWシリーズ”の新モデル2機種を6月27日から発売します。

見たところごく普通の逆ヒンジ型のノートPCという雰囲気ですが、以下の特徴があるそうです。

  • 電源OFFからブラウザを素早く起動可能な「QuickWeb Access」機能
  • キーボード上部に「QuickWeb Access」用の「WEB」ボタンを用意
  • 15.5V型ワイドのクリアブラックLE液晶を採用、解像度は1,366×768ドット
  • モニターの表示のみをOFFにすることができる「DISPLAY OFFボタン」も用意
  • FelicaポートやWebカメラ「MOTION EYE」も搭載

「QuickWeb Access」機能の詳細が載ってなかったのですが、これは所謂Splashtop的なLinuxでも内蔵しているんでしょうか?それとバッテリーの駆動時間が約2.5時間というのはモバイラーな私にはありえませんが、見たところVAIO type Nはモバイルではないので特に気にしなくて良い点なのかもしれません。

■ マイクロソフトから4ボタンBTマウスBluetooth Notebook Mouse 5000 (Engadget Japanese 2009.3.10)

090327_bnm5_01.jpg

 

マイクロソフトからBluetooth接続のレーザーマウス「Microsoft Bluetooth Notebook Mouse 5000」が発表されました。Windows XP SP2 / Windows Vista以降またはMac OS X 10.2 - 10.5.xに対応しており、Bluetooth接続可能なPCであればドライバや専用ドングルなしで利用できます。利用可能範囲は約10m。 Bluetoothレシーバーは付属していません。

マウスとしては左サイドの「戻る」ボタンに、スクロールボタンを備えた4ボタン式。「利き手を選ばない快適デザイン」ということなので、左利きのかたは小指か薬指で戻ってください。レーザーセンサーはスキャン速度 6000fps、解像度 1000dpi。チルトスクロールには対応していません。単4電池2本で動作し、光るバッテリーインジケーターを搭載。価格は税別4700円。今月27日の発売です。


Lenovo Ideapad S10eを使い始めて数ヶ月経ちますが、未だにこれ用のマウスを買っていません。USBは2端子しかないのでUSBマウスは使いたくないのがまず一点、折角BluetoothがついているんだからやはりBluetoothマウスが欲しいというのが一点、これで探してはいるんですが、当方の住んでいる秋田市ではなかなか気に入った「大きさ」「形状」「価格」のBluetoothマウスが売っていません。mixi等ネットの情報では秋葉原や日本橋などで2000円程度のバルクマウスもあるようですが、こちらのPCショップに入るはずもなく。したがってMicrosoft, Logicool, ELECOM等のメーカー品で探すわけですが、やっぱり高い。レシーバーが付いても付かなくても8000円前後という価格に躊躇してしまいます。

今回のこのマウスは、レシーバー無しで税込み5000円弱。量販店で割り引かれて実売4800円てとこでしょうか(秋田で)。興味あります。

 

 
カスタム検索
Access Counter
Powered by Movable Type 4.22-ja

2016年9月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30