Gadgetの最近のブログ記事

[Phone] Nokia 208 Dual SIMのAPN設定方法

前回は通話が出来ることを確認しましたので、今回は3Gのインターネット接続を試してみます。

今回用意したのは、IIJmioのSIMとBIGLOBE LTE・3GのSIMです。 どちらもデータ通信専用SIMですが、BIGLOBEの方はSMS対応しています。

まず最初にIIJmioのSIMをNokia208に挿してみます。

あれ?認識されません。Docomoの通話SIMのときはこういうの出なかったのですが・・・。

この画面でもReg. failedと表示されています。

気を取り直してBIGLOBEのSIMに挿し変えてみます。

今度は何事もなく認識されました。

さて、APNの設定方法についてはこちらのvodafoneのサイトを参考にさせて頂きました。

http://deviceguides.vodafone.ie/web/nokia-208/explore/internet/set-up-your-phone-for-internet/

 

「Menu」を開き、「Setting」に入ります。

 

「Configration」に入ります。

「Option」を選びます。 (※画面では一度設定をしているので設定が出来ていますが無視してください)

「Add new」を選択。

「Access point」を選択します。

「Account name」に適当な分かり易い名前を入力します。

「Access point sett.」を選択します。

「Bearer settings」を選択。

やっとアクセスポイント設定画面になりました。ここにAPN設定を入力します。BIGLOBEの場合はこちら

端末の Authentication type のところがおそらく認証方式で、たぶん、たぶんですよ、NormalがCHAPで、SecureがPAPだと思います。

入力したところ。

入力したら、この画面まで戻ってきます。「Activate configrat.」を選択します。

「SIM1」を選択します。(3GはSIM1のみです)

「Access point」の箇所を・・・

さきほど作ったアクセスポイント設定を選択します。

以上です。さっそくブラウザでhttp://www.google.co.jpを開いてみます。

文字化けしてますけど表示されてますね!

ついでなのでTwitterも試してみましょう。 Menu > Apps > My apps と入っていくと、

Twitterアプリが入っています。設定は各自行ってください。

おおおお!!日本語表示されてますね!

 

※ただし日本語入力は出来ませんのでご注意ください。

 

次回はいよいよ日本語入力に挑戦したい・・・かも。

日付が狂っている場合があるので、設定 > 日付と時刻 で「自動更新」を外して手動でセットします。

以上。

 一つ目は一昨年の誕生日に買った Lumia 520 (Windows Phone 8, 3G, シアン)、二つ目は昨年の10月頃に買った Lumia 636 (Windows Phone 8.1, LTE/3G, イエロー) 、そして今回お迎えしたのがなんと!

今更ですが、Nokia 208 Dual SIM (Cell Phone, 3G, レッド) です! ていうか赤しかカートになかった!

本体、裏蓋(撮影のため外しました)、マニュアル(読めないw)、充電池、しょぼそうなヘッドホン、一体型の充電器(変換プラグ付)

並べてみた。
INGRESS ENLIGHTENED勢としては何故GREENがないのか?と怒られそうです。

やっぱり携帯電話はストレート端末ですよ!

上部にヘッドホン端子とmicroUSB端子(充電およびSync)

裏側。左下の金属カバーのところがSIM 1スロットでこちらは3G/2G用。右上のもう一つ金属のところがmicroSDスロット(Max 32GB)

SIM 2スロットはこちら。差し込むタイプ。こちらは2G専用。どちらもmicro SIMです。

-------

3GはWCDMAでBand1および8に対応しています。日本ではドコモとソフトバンクです。ドコモのFOMAプラスエリア(Band19)とは全くの無縁です。今回はこちらにNTT Docomoで契約しているSIMを入れてみました。Xperia SXで契約しているもので、パケ定やSPモードは契約してない通話用(寝かせ)SIMです。740円ちょっと/月の奴です。

特に何もしなくても電波を掴んでくれました。一応ちょっと怖いので Setting > Connectivity > Mobile Dataでデータ通信をOFFにしておきました。

通話オッケーでした。SMSは送るのは出来ましたが受信がうまく出来ませんでした(au携帯から送った場合)。

なお、メニューは英語、繁体中国語、簡体中国語、インドネシア語が入ってますが日本語は入っていません。

 

次回はアプリ関係を試してみたいです。標準でFacebookやTwitter、LINEなんかが入っています。

先日誕生日だったので自分にプレゼント(寂しいw) EXPANSYSで16000円台後半に送料(FedEx)2100円。週末を挟んだので4日かかりましたが2営業日といったところ。

外箱 (本体、電池、USBケーブル、充電ケーブル(海外の)が入っている)。それと別に日本用充電器が入っています。5V1A対応のUSB充電器。

カバーはマイナスドライバーで外すんですが、ちょっと硬くて怖かった(画面傷つけそうで)

SIMはBIGLOBE LTEのものを使用。当然だがLumia520は3GまでなのでLTEは使えない。XperiaSXから抜いてきた。

初めに日本語を選択して起動。Wi-Fiを繋いで、APNを設定して、完了。通信専用SIMなのでアンテナは圏外表示となる。そのままだと中国語しか入力できないので日本語キーボードをインストールする(システム→キーボードから)中国語キーボードは削除。

ローエンド機だが、OSが軽いので重いとかは全然感じなくて良い。少なくともIS12Tよりは快適な気がする。

 auの安心ケータイサポートプラスとか安心ケータイサポートプラスLTEに入っている場合、専用サポート電話に連絡すると有償だが本体交換してくれる。

http://www.au.kddi.com/mobile/service/after-service/support-plus/

流し読みして先ほど連絡してみたのだが、しっかり読んでから電話すればよかった。おかげでサポートの方にもお手数をお掛けしてしまったし、結局来月改めて連絡することになったのだ。

 

  • サービスご利用時のお客さまご負担金
  • 1回目:5,250円 ⇒au契約3年目以上の方は3,150円★
  • 2回目:8,400円⇒au契約3年目以上の方は6,300円★

これだけを見てたのが失敗点。

  • ★2013年6月1日より、auのご契約が3年目以上のお客さま、及びそのご家族のお客さまは、交換用携帯電話お届けサービスが2,100円割引適用となります。

とのことで、2013年6月1日、つまりこの記事を書いている時点からすると8日後からの適用となる。したがって、6月に入ってから申し込んだ方が明らかに安くなるというわけです。

オペレータさんがこの点について一切触れてなかったので聞き返してしまった。それで来月からというのを確認したのです。

また、主回線が3年以上あれば副回線や家族の端末も2100円割引の対象となる。ただし、個別にその端末に「ケータイ安心サポートプラス」「ケータイ安心サポートプラスLTE」が付帯されていないと使えない。

なので3円維持とかの人は諦めて下さいw

 

・・・ところで、こんなことも書いている。

  • ※本サービスのご利用 (補償申込) をされた日を起算日として、1年間に2回までのご利用が可能です。補償申込時において、過去1年以内に本サービスのご利用がない場合は5,250円、ご利用がある場合は8,400円となります。ただし、お買上げ日から1年間の保証対象内の故障の場合は無償で本サービスを提供します

1年間は無償じゃないの? ということで訊いてみた。あくまでも自然に壊れたもの(オペレータさんは自然故障と言っていたが、Webには表記無し。用語の統一を求む!と伝えておいたw)だけだそうで、水没や落として画面割れたとかは対象外だそうだ。

 

最後に、

  • auポイントを利用すればさらに割引できておトク!

これは、補償代金をポイントで払うことも出来ますよってことです。

 

 

Androidスマートフォン端末契約時の罠アプリ登録を解除する方法。今回の場合、mopita ID, PASSは設定されていなく、au one IDとそのパスワードで登録された。なお、登録時にはauショップ店員があろうことかお客さまに「各種アカウント事前ご記入用紙」なるものを渡して以下のような個人情報を聞き出している。個人情報保護法とかどうなっているんだ。

  • au one IDおよびそのパスワード
  • 端末登録時に決めた4桁の暗証番号
  • Googleアカウントとそのパスワード

最初教えなかったんだけど、あまりに時間かかってめんどくさいのでつい教えてしまったのだ(Google除く)。

来月1日に解除してあげようと思ってとりあえずやり方をググってみたらmopita IDとパスが必要だという。今回はそれが記入されていなく、au one IDだけで全てが進んでいるようだ。

auショップに解除方法を聞きに行ったら彼らには出来なかった。ちなみにショップ店員曰く「登録解除の担当部署」というのがあるらしい。土日祝は休みだそうだ。仕方なくその部署の連絡先を教えろというとしばらく引っ込んだ後、mopitaの会社の電話番号にかけてくれと言ってきた。そうじゃなくてauの連絡先を教えろというと157にかけて下さいと言う。つまり担当部署なんて元々ないんだよね。

腹立ったのでそのまま帰ってきてなんとか解除したった。来月までなんか待つ必要なし。

うろ覚えですがこんな感じ。↓

music.jp, music.jp着信音plus, comic.jp (アプリが入ってるもの。無かったらインストールする)

アプリ起動→ログイン→au IDでログイン→かんたんログイン(勝手に設定されてた)→本体のメニュー→解除とか設定解除とか

解除を押すと連携がどうのとか訊いてくるけど迷わず進む。アンケートがあるものもあるから適当に書く。最後には解除できる。

解除したらアプリは削除。

まっぷるガイド for web, ソラダスお天気予報 for web

Androidの適当なブラウザでmopitaマーケットを検索して入る→ログインする→au IDでログインする→設定メニューらしきところを探して解除

これらは~ for webなのでアプリは入れなくてよい。webにもいくつかあるようで解除メニューのないところも存在するので色々探す。自分は「エムティーアイ」の本社サイトからサービス一覧からのリンクで進んだところで解除できた。

■ 最後に

最後にauポータルからau IDでログインし以下を確認する。

  • 継続利用サービス一覧
  • 連携中のサービス/アプリ
  • ID連携/au IDログイン 解除

何も登録されていないのを確認したら「ID連携/au IDログイン 解除」にてパートナー名「株式会社エムティーアイ」を確認してチェックボックスにチェックして連携を解除する。

 

以上。

訳あってSOCIUS契約しました。Windows7へのUSBドライバインストールにやや手こずったので手順を示しておきます。

簡単な流れ。あとでまとめます。

  1. ダウンロードサイトでUSBドライバをダウンロードする(リンクを右クリックしてファイルを保存
  2. ついでにWXデータツールもダウンロードしておく(電話帳や各種データをPCとやり取りできる)
  3. SOCIUSを待ち受け画面にして、USBケーブルでPCに接続する
  4. いつもの接続ウィザードが立ち上がるが失敗する(放置)
  5. コントロールパネルからデバイスマネージャを立ち上げる(コンピュータ右クリからでもおk)
  6. 窓を一度クリックしてから「操作」→「レガシ ハードウェアの追加」を選択
  7. 「次へ」をクリック
  8. 「一覧から選択したハードウェアをインストールする(詳細)」を選択して「次へ」
  9. 「すべてのデバイスを表示」を選択して「次へ」
  10. 「ディスク使用」からダウンロードしたUSBドライバ(WX01S.inf)を選択して「OK」
  11. デバイスマネージャのポート(COMとLPT)のところに「WX01S 通信ポート (COMxx)」が出て完了

 

壁紙の画像サイズは 240x320 です。下のメニューバー部が切れますがこのサイズで大丈夫です。

あと、今頃au IS12T (Windows Phone 7.5)を入手しました。機種変一括0円でした。

以前にちょっとだけIS01で試したのですが、ISW11HT(HTC EVO WiMAX/4G)本体および標準バッテリーで実際どのくらい出来るかやってみました。といっても検証用のスクリーンショットは取ってないので参考程度と考えて貰って結構です。

■ 用意したもの

  • 手回し充電ラジオ SONY ICF-B01→現行品ICF-B02
  • 携帯充電ケーブル&au用端子(上記付属品)
  • au電源端子~microUSB変換ケーブル(IS01付属品)
  • ISW11HTおよび標準バッテリー(3.7VDC/1500mA/5.55Wh)
  • バッテリー残量測定には Battery Mix を使用した

■ 電源断で手回し充電

電源断直前で69% → 約5分手回し充電 → 電源投入後74%

一応1分で約1%充電できてる模様ですが、とにかく手回しが疲れます。回すところの取っ手が小さいので人差し指がアームに当たって内出血しました。 あとは予想通り筋肉が死にます(笑) つまり、手回しの部分が改良出来ればもう少し楽になるのではないかと思われます。

なお、BatteryMixによるとUSB充電ではなくAC電源と認識されていました。

まあ通常時はやりたくないしやる必要もないのですが、非常時には役に立つのは間違いないでしょう。電源断の状態からおよそ100分もフル回転させてればほぼ満充電になる・・・・かもしれないですから。しかしスマートフォンというのは電池をよく喰うもので、非常時のことを考えればフィーチャーフォン(いわゆるガラケー)の方が手回し充電器とは相性がよいでしょうね。よって、フィーチャーフォンについては高機能化よりも基本機能(通話、メール、災害用伝言板程度)のみにして、より省電力で動くよう改良して欲しいものです。

 

以下妄想

  • 3GデュアルSIM (W-CDMA/CDMA2000)
  • 省電力設計
  • 通話機能
  • SMS/Eメール機能(絵文字無し・デコ無し)
  • 緊急災害情報通知機能
  • 災害用伝言板対応
  • その他一切無し(ソーシャルストリームくらいは欲しい?)

な端末を当然SIMロックフリーでメーカーから単体販売して欲しいですね。回線は今後3G以後のものになっていくでしょうからそこは臨機応変で。

妄想終わり

あと、今回使った手回し充電器SONYの手回し充電にも乾電池(単4×2本)にも対応していてFM/AMラジオとスポットライト、ソフトライトに対応、携帯充電もバッチリなICF-B01(現行機はB02)は本当にマジにオススメな一台ですよ。大体130mm×75mm×40mm程度の大きさで各種ケーブル付いてきてストラップホールもあって布の袋も付いてくきます。実績としては、先日の東日本大震災で秋田県が数日停電していたときに両親がこれがあって本当に良かった。紹介してくれて本当にありがとう、と言われました。

どうも、40歳の誕生日の俺です。 

今日は朝からmazecなる単語がTLに飛び交ってたけど夕方になってそれがAndroid用の手書き入力のIMであることが分かったので電池残量が16%だったにも関わらずDLしてインストールしてみました。 

 ・mazec (J) for Android [β版] (7 Knowledge Corporation) 
  [ https://market.android.com/details?id=com.sevenknowledge.mazecbeta ]
  [ http://7knowledge.com/mazecanb/ ]

インストール後、ドロワーからmazecを起動すると初期設定が始まります。まあつまりいつもの入力方法の切り替えをアシストしてくれるってことです。 

さっそくtwiccaでテスト。 


一番下は「いんすとーるなう」なので放っておいてもらって、その上は全てmazecで入力しました。普段ATOKのフリック入力使ってますがそれよりも相当楽に、そしてかなり適当に手書きしていっても認識してくれます。 
これも今のところベータ版ということで無償ですが、将来は有料化するようです。 

さて、画面です。

 …をタップすると、 変換候補が出ます。

難しい「鬱」という感じも簡単にひらがなで入力可能。

 「薔薇」なんかもこんなに簡単。

 

次に「Android」と入力してみました。

 惜しくも「Ahdroid」となりました。アホっぽいです。

ここで「n」のつもりで入力して「h」になってしまった文字の下にある (△)をタップしてみますと、

 認識間違い修正候補が出てくるので、正しい「n」に修正することが出来ます。

 修正できました。

 

適当な文字を打っていて気になったのは「ゆ」です。

 

普通に「ゆ」と入力するとどうしても「中」にしかなってくれないのです。右のような感じで下が交差しないように書くと「ゆ」と認識してくれます。これも(△)を押して修正することが出来ますが、修正した自分の癖を記憶してはくれないようです。あ、これ書いてるたった今「現時点では記憶されない」旨の返信が来ました。

 

なお、最新情報はtwitterの公式アカウント http://twitter.com/androidmazecj で随時更新、またメーカーとユーザーの情報交換はtwitterのハッシュタグ #mazecan にて行っているとのことです。
更に、ツィートによると、マッシュルーム化も検討しているとのことです。

 

最後に「Windows Phone 7」を入力。

  

  

  

 

確認機種は au ISW11HT (HTC EVO WiMAX) Android 2.2.1 です。

 

■ LISMO Portアップデート (Ver 4.3) のお知らせ (au, 2011.6.24)
http://www.au.kddi.com/customer/lismo/support/information/info_20110624.html

ISシリーズの新機種「AQUOS PHONE IS12SH」、「AQUOS PHONE IS11SH」、「REGZA Phone IS11T」、「G'z One IS11CA」、「INFOBAR A01」に対応し、CDから取り込んだ楽曲、PCからインポートした楽曲、パーソナルフォト/ビデオの転送や、IS向けのLISMOで購入したLISMO楽曲のPCへのバックアップに対応しました。

また、同じ電話番号で契約のLISMO対応au携帯電話で購入した「着うたフル®」「着うたフルプラス®」「ビデオクリップ」をLISMO Portでバックアップし、「AQUOS PHONE IS12SH」、「AQUOS PHONE IS11SH」、「REGZA Phone IS11T」、「G'z One IS11CA」、「INFOBAR A01」へ転送いただけます。

といった感じです。もともとISシリーズではIS03, 04, 05に対応していましたが、今回IS11SH, IS12SH, IS11T, IS11CA, INFOBAR A01に新たに対応になりました。

IS03, IS04についてはOSアップデートの際にLISMO Portをアップデートする必要があります。お忘れなく。
http://www.au.kddi.com/seihin/ichiran/smartphone/app/lismo/is03_os/index.html

 

ちなみに私はIS01とISW11HTのユーザーですのでLISMO Portには対応していないのですが、・・・ぶっちゃけると少なくともLISMO Musicは不要です。音楽プレーヤーアプリはいろいろあるし、対応するフォーマットも多数あります。DRM著作権保護されたコンテンツはWindows Media DRMなら再生可能なものもあります。iTunes DRMの場合は一度CDに書き出して再度リッピングするしかないですが。

とはいえ、au発表では9月以降にLISMOに対応する機種を増やすとのことですので対応した暁にはレポートさせて頂きます。

カスタム検索
Access Counter
Powered by Movable Type 4.22-ja

2016年9月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のブログ記事