Blu-rayの最近のブログ記事

■ ソニー、場所をとらないBlu-ray Discプレイヤー新製品――「BDP-S6500/S1500」登場 (ITmedia +D LifeStyle, 2015.6.3)
■ ソニー、Netflix対応予定の省スペースBDプレーヤー (AVWatch, 2015.6.3)
■ ソニー、Netflix&DSD対応のコンパクトなBDプレーヤー「BDP-S6500」など2機種 (Phile-web, 2015.6.3)
ソニー、NETFLIX対応のコンパクトなBDプレーヤー (マイコミ 家電FAN, 2015.6.3)

とりあえず。

  • XMB (クロスメディアバー)廃止, HTML5ベースの新メニュー
  • NETFLIX対応 (要別途契約)
  • ハイレゾ対応( S1500は192kHz/24bitまでのWAV/Flac, S6500は更にDSD5.6MHz対応)
  • BDP-S6500 : W255×D192×H39mm, 0.9kg, 20,000円前後
  • BDP-S1500 : W230×D194×H39mm, 0.8kg, 12,000円前後

あとで加筆するかも。

えー、自分でもすっかり忘れてました。歳が明けたらCESで新型Blu-rayプレーヤーの発表だと。

と言うわけで欧州版ですが、既に3機種発売中?らしいです。

の4機種です。クリックするとUKサイトに飛びます。(sony.co.ukの箇所をsony.ieにするとアイルランドサイトに飛びます。微妙に書いてることが違うのですが?w)

 

外形寸法は4機種とも同じです。えー、遂に全機種ハーフサイズになってしまいました。時代はやはりコンパクトさ重視なのでしょうかねぇ。

さて、この欧州版の4機種の位置づけは2点。とてもはっきりとしています。一つは3D機能の有無、もう一つはSuper Wi-Fiの対応です。それぞれの有無で2x2の組合せで4機種となっています。

Super Wi-Fiとは日本ではあまり耳慣れないですね。僕も調べました。これは無線LANの帯域の隙間(ホワイトスペース)の有効利用ということのようで、現在のところ以下のサイトが詳しいようです。

ケータイ用語の基礎知識 第626回:スーパーWi-Fiとは (ケータイWatch, 2013.8.20)

ホワイトスペースを狙え!IEEE802.11afとは? (J-Net21, 2013.2.13)

総務省 - ホワイトスペース PDFです!ご注意下さい! (総務省)

ただし、日本と欧米ではホワイトスペースの扱い方に違いがあるようで、欧州などでは実証実験などもやられているようで、こうして製品化されているものも出ているようです。

その他の機能については毎年とあまり変化はないです。スマホ対応はBlu-rayレコーダーなどでもお馴染みのTV SideViewによるミラーリングやリモコン操作などが可能のようです。

スペックを一覧にまとめました。(画像ですいません。クリックすると少し大きくなります)

最後に日本版の予想ですが、S5500は確定で、あとはS1500になるのではないでしょうか。Super Wi-Fiには対応せず、従来のWi-Fi IEEE802.11b/g/nあたりか、日本で普及しているac対応になるかというところでしょうか。ただ、有線モデルで今時DLNAに対応してないのもないようにも思えるので、下位機種はS3500になるかもしれないですね。

※表には間違いがあるかもしれません。間違いによる何かしらの損害が発生しても筆者は一切の責任を負いません。

今年もBlu-ray Playerの新型機が発表されました。

■ As seen at CES. Sony CES 2014 BLU-RAY PLAYERS (Sony.com, 2014.1.7)

これによると今年の新型機は以下の4機種

下位機種から見ていくと、エントリー機のBDP-S1200は基本のBlu-rayソフトの再生と200以上のストリーミングサービスに対応。DLNAには対応していません。USB接続HDDには対応しています。

ミドルレンジにはBDP-S3200はDLNAおよびMiracastに対応しWi-Fiも搭載。BDP-S5200はそれに加えて3D対応およびTRILUMINOSテクノロジーを搭載しています。

ハイエンドのBDP-S6200はさらに4kアップスケーリングに対応しています。

デザインは賛否の別れている四角錐状の天板をさいよう。見た目下位から上位までほぼ同様なデザイン。

USBキーボードにも対応しているようです。

 

気になるのはEU版と日本版ですね。EU版はいつも更に隙間をついたラインナップを入れてくるし(例えば4xxxとか)、日本はおそらくローエンドとハイエンドの2機種かなって感じがします。4k対応は今年の目玉にしているくらいなのでおそらくBDP-S6200を投入してくるかなと思います。

 

 
予想どおり、日本版として発売されるのは5系と1系でした。ということで、2013年版 SONY Blu-ray Playerの BDP-S5100とBDP-S1100の日本での発売が発表されました。発売日は例年より2ヶ月ほど早い2013年7月27日となります。予想価格はBDP-S5100で20,000円、BDP-S1100で14,000円程度とされています。
 
Phile-webの写真によると、今回も10秒送り15秒戻しなどのボタンは省かれたリモコンですね。
 
発売が楽しみです。

ケーズデンキ秋田にて、39,500円。コジマより300円安くしてくれました。

今まではBRAVIA KDL-40NX720にUSB HDD付けて録画していたのと、残したいのは居間にある親のBDZ-T25借りてやっていたのですが、やっと手元にレコーダーが持てました。

 

最近はプログラミングの方はさっぱりやってません。VisualStudioもお蔵入りしてるし、AutoCADもフル版のネットワークライセンスが私の部署に回ってこなくなって久しく、すっかりLT使いに。唯一ExcelとWordのVBAをちょこっとやる程度です。モバイル開発も結局手を出さずです。

実家に帰ってきて一年が過ぎました。昨年から今年にかけて購入したもの。

  • SONY KDL-40NX720
  • SONY PRS-T2
  • docomo Xperia SX
  • docomo Galaxy Note
  • au IS12T
  • Willcom SOCIUS
  • au ISW12HT HTC EVO 3D
  • Google Nexus7 (8GBと32GB)
  • Aterm MR01LN (BIGLOBE LTE : 一回線SIMx3枚 上限7GB/月)
  • au HTL21 HTC J butterfly
  • SONY NEX-5R ダブルズームキット
  • SONY BDZ-EW500

やっぱり物欲が途切れないです・・・。他に狙っているのは

  • Nokia Lumia 620 (Windows Phone 8)
  • acer Veriton VX4620G-F54D (PC, レコーダー買ったので半年後に先延ばし)

写真

 

 

 

BDP-Sx90世代の次はBDP-Sx100世代になりました。ということでsony.co.ukで欧州版BDプレーヤーがショップに並びました。ラインナップは次のとおり、

http://www.sony.co.uk/hub/blu-ray-disc-player

  • BDP-S1100
  • BDP-S3100
  • BDP-S4100
  • BDP-S5100

桁が増えたので一見どれも上位機種に見えてしまいますが、これまでの100番台、300番台、400番台、500番台の後継機種です。

フォルムはどれも奇妙な形で上にものを載せることは全く考えられてませんね。個人的にはわりと好きなフォルムですが。


BDP-S1100

 
BDP-S5100

S3100はS1100と、S4100はS5100とほぼ同じ形状のようです。

次にスペック面の比較を簡単に。

  • 共通仕様 : SEN, Youtube, 外付けHDD(FAT32/NTFS), HDMIx1, 同軸デジタルx1
  • S1100 : 2D仕様, 有線LAN, DLNAなし, Gracenoteなし, SACD非対応, £79
  • S3100 : 2D仕様, 無線LAN, DLNAあり, Gracenoteあり, SACD非対応, £99
  • S4100 : 3D仕様, 有線LAN, DLNAあり, Gracenoteあり, SACD対応, £109
  • S5100 : 3D仕様, 無線LAN, DLNAあり, Gracenoteあり, SACD対応, £139

サイズとかは書いてませんね。

日本では、2Dと3D、有線と無線、SACDありとなし、てな具合からBDP-S1100とBDP-S5100あたりになるのではないでしょうか。

 ■ YouTube™などのネット動画もより手軽に楽しめるブルーレイディスク™プレーヤー2機種発売 (SONYプレスリリース 2012.7.26)
ソニー、新BDプレーヤー2機種 - Wi-Fi内蔵機「S590」と幅290mmのコンパクト機「S190」 (Phile-web, 2012.7.26)

  • BDP-S590 ¥OPEN(予想実売価格24,000円前後)10月20日発売
  • BDP-S190 ¥OPEN(予想実売価格15,000円前後)9月1日発売
 いきなりですが、いろんな意味で期待を裏切ってくれたとしか言いようがありません。今年も例年通りの300系と400系の発売だとばかり思っていました。300系のBDP-S390は欧州でもアメリカでも出てますし、400系のBDP-S490は欧州で出ていますからそれらを日本版にローカライズすると思っていましたから。
 
 今年日本で発売するのはWi-Fiを最初から搭載している500系のBDP-S590とコンパクト機の最廉価版BDP-S190です。
 
 BDP-S590はWi-Fiを搭載している上に、SONYの日本版BDプレーヤーでは初(PS3を除く)となるのDLNAクライアント機能を搭載しています。また、3D対応はもちろん、SACD再生対応、BRAVIA並のネットサービス機能も搭載しているなど、時代に即した上位機種であると言えるでしょう。
 
 一方BDP-S190は、北米版ではおそらくBDP-S185として売られているものの日本版と思われます。こちらはBru-layの基本機能を搭載している他、動画サービス等のネットサービス機能を搭載しています。DLNAクライアント機能やスマートフォンでの操作には対応していません。
 
予想価格はPhile-webにあるとおり。これまで通り、北米版に比べると高い強気の価格設定となっています。ちなみに2012.7.27現在の北米版の価格はS590が$129.9、S185が$89.9です。為替レートを80円/$としても10,400円、7,200円といったところです。ただ、当初価格がPhile-webの水準だと、数ヶ月でS590は1万円台後半、S190は1万円を切ってくると予想されます。

 以前の記事で2012年の北米版のSONY Blu-ray Disc Playerには400番台が存在しないと申しましたが、SONY UKのサイトつまり欧州版にはBDP-S490があったのでした。

http://www.sony.co.uk/product/blu-ray-disc-player/bdp-s490

誤植か分かりませんが、BDP-S390と同じ£129です。1ポンドが124.79円(執筆時レート)なので16,000円強というところでしょうか。

外観はS590と同様な逆台形な感じです。機能面もだいたい今までと同じようにS390に3D機能を付けた、またはS590からWi-Fiを削った感じでしょうか(詳しく見てませんが)。

これで日本版は例年通りBDP-S390とBDP-S490の2機種体制になるのかな?

 

-- 注意 --
欧州版BDプレーヤはBDリージョンが日本・北米と異なります。DVDリージョンは同じです。逆に北米版BDプレーヤはBDリージョンは一緒ですがDVDリージョンが異なります。

きまぐれ更新のこのコーナー、本日は2012年版の北米版SONY Blu-ray Disc Playerについて書きます。

まずは現在のラインナップです。
http://store.sony.com/webapp/wcs/stores/servlet/CategoryDisplay?catalogId=10551&storeId=10151&langId=-1&categoryId=27898

 Google TV、ポータブルBDP 2種を除いたプレーヤーは4グレード。ハイエンドはBDP-S790、ミドルレンジがBDP-S590、従来のローエンド機の後継がBDP-S390、今回追加のローエンド機BDP-S185となっています。


BDP-S790


BDP-S590




BDP-S390




BDP-S185

 デザインは従来の直方体から変更されていて、上位2機種はパナソニック機にも似た逆三角台形。これは流行なのでしょうか。S790の方が厚い分直方体に近い形状となっています。下位2機種はPS3を彷彿とさせる形状となっており、上に更に何かを載せづらい感じです。ただしドライブはどの機種もフロントローディングのようです。


RMT-B119A

 こちらはBDP-S590, S390に付属のリモコンRMT-B119Aです。見たところ前世代とあまり変わってないように見受けられます。前々世代以前にあった「10秒戻し」「15秒送り」ボタンはやはり省かれたままのようですので、必要な方は以前のリモコンを取り寄せするのが良いと思われます。

 さて、それでは比較に入ります。以下は機能比較表です。

 

  • 4Kアップスケーリングは最上位機種のS790のみですが対応モニタやプロジェクターが必要です
  • 3D対応はS790とS590の2機種。併せて2Dto3D変換も搭載しています
  • HDMIが2系統出力されるのはS790のみです
  • SACDにはS390以上が対応しています
  • 内蔵Wi-Fiは下位のS390にも搭載されました
  • DLNAもS390以上が対応。S185は有線でも対応しないようです
  • USB接続のメモリやHDDはFAT32とNTFSに対応。これもS390以上
  • USB端子数はS790以外は1つになってしまいました
  • 光デジタル出力が復活したようです
  • 外形寸法はS590以上はこれまで通りのフルサイズですが、S390以下はPS3ライクになっています

 おそらく(日本では)最も売れるであろうS390がPS3ライクな形になってしまったのは賛否が分かれそうです。というかAV機器ファン的には「えーーーがっかり」という感じがします。
 また、従来日本版の3D対応機種として出されていたS400番台が今回ラインナップされていません。これは従来500番台と400番台がWi-Fiの搭載・非搭載で分けられていた為です。今回は300番台まで搭載されたので400番台はやめたと考えられます。それでは日本ではどうなるのでしょうか。予想ではS590をそのまま発売するか、日本でのみS490として発売するかのどちらかではないでしょうか。ただしDLNAはこれまで通り省かれるのではないかと予想します。 日本ではBDプレーヤーに搭載されなくてもBRAVIAをはじめとする各社のテレビにDLNAが搭載されている為、DLNAを使いたい場合はそちらをどうぞ(あるいはPS3)ということなのだと思います。しかし、低価格BDPスレを見る限りではプレーヤーにDLNAを載せて欲しいという要望が強いです。SONYはここら辺でも商機を逃していると思います。

 その他、ここでは紹介していませんが、各種ネットワークサービス(動画配信:Youtube, Hulu Plusなど)に対応しています。ローエンドのS185はここを強化した機種でもあり、他機種よりも対応サービスが豊富となっています。

次に価格比較です。

 相変わらず北米版は安いです。現在の為替レートで日本円に換算しても最上位のS790でさえ2万円になってしまいます。S185に至っては1万円しません。S390の想定価格は私見です。

日本版の初期想定価格の推移もまとめました。各年で徐々に下がっています。今年あたりはS390で20,000円といったところではないでしょうか。

 

という感じで簡単にまとめてみましたがいかがでしょうか。毎年の例でいくと日本版の発売は9月17日頃が予想されます。ラインナップと価格、そして機能が気になります。

ソニー、YouTube/Qriocityなど対応の薄型BDプレーヤー2機種を発売 (Phile-web, 2011.8.23)
YouTube™やネット動画配信サービスが手軽に楽しめるインターネット機能を強化したブルーレイディスク™プレーヤー発売 (SONYプレスリリース, 2011.8.23)

ソニーは、ネット機能を強化したBD/DVDプレーヤー2機種を9月17日に発売する。
・「BDP-S480」¥OPEN(予想実売価格28,000円前後)
・「BDP-S380」¥OPEN(予想実売価格22,000円前後)

またこの季節がやってまいりましたというところでしょうか。ソニー(日本)が新型Blu-rayプレーヤーを2機種発表、2011年9月17日に発売します。機種はローエンドのBDP-S380と3D対応のBDP-S480です。この2機種の違いは3Dの有無のみです。Wi-Fiは未対応、有線LANのみとなります。

前機種BDP-S370, S470との違いは、奥行きが20mm短くなったこと、高さは36mmと変わりありません。ネットサービスを強化し、従来の「ベルリンフィルデジタルコンサート」に加え、「Video On Demand powered by Qriocity(有料)」「YouTube(無料)」「goo映画(無料)」「U-NEXT(有料)」に対応します。なお「U-NEXT」については10月のネットワークアップデートにて対応する予定とのこと。

スマートフォン連携機能も強化された。Android/iPhone対応アプリ「Media Remote」により本体と連動し、ディスク情報からの関連情報をYouTube関連動画、Twitter、Wikipediaから検索することも可能に。

-----

とまあ、こんなところです。ここでいつもの北米版との比較です。

まず価格。

明らかに安いですね。で、比較。

なんとSONY内部の為替レートが200円/$もありますよ(笑
さすがにこれはないんじゃないのかなぁ。

しかも、前機種S370/S470と同様に、DLNA機能は省かれています。たぶんファームウェアで殺してるだけだと思うんですが・・・、なぜ載せてくれないのでしょうね。BRAVIA購入させたいってのはあるかもしれませんが。

[ 追記:2011.8.29 ]
BDP-S380は北米版においてもDLNA非対応でした(S370は搭載)。
[ 追記ここまで ]

ネットサービスは日本用に合わせてあるから同様と見て良いでしょう。

ラインナップですが、北米版では更に上位機種としてBDP-S580($179.99), BDP-S780($229.99)があります。S580はS480にWi-Fiが載ったもの、S780は更に2D→3D変換機能が載ったものと思われます。その他、以前からある400枚対応のBD/DVD/CDチェンジャーのBDP-CX960($599.99)、Google TVのNSZ-GT1、10インチモニタ搭載ポータブルBDプレーヤーのBDP-SX1000($299.99)があります。ポータブルプレーヤーは日本でも人気が出そうですね。是非出して貰いたいものです。

最近はESシリーズは出てないようですね。

カスタム検索
Access Counter
Powered by Movable Type 4.22-ja

2016年9月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のブログ記事