2012年7月アーカイブ

我が母校秋田高等学校の同期で、2011年のヤングアニマルの新人マンガ家総選挙JUDGE!で堂々優勝し、ヤングアニマル本誌で短期連載された木曽フミヒロ氏のデビュー作「TSUWAMONO!!」が本日7月27日発売です。

JUDGE!掲載版は こちら から読むことが可能です。今回単行本化された短期連載版は、JUDGE!掲載版から更に設定等を練り直した作品となっています。

http://www.s-book.net/plsql/slib_detail?isbn=9784592145592

TSUWAMONO!! 1 木曽フミヒロ (白泉社/ジェッツコミックス/B6判/160頁/ISBN : 9784592145592/580円(税込))

 

 ■ YouTube™などのネット動画もより手軽に楽しめるブルーレイディスク™プレーヤー2機種発売 (SONYプレスリリース 2012.7.26)
ソニー、新BDプレーヤー2機種 - Wi-Fi内蔵機「S590」と幅290mmのコンパクト機「S190」 (Phile-web, 2012.7.26)

  • BDP-S590 ¥OPEN(予想実売価格24,000円前後)10月20日発売
  • BDP-S190 ¥OPEN(予想実売価格15,000円前後)9月1日発売
 いきなりですが、いろんな意味で期待を裏切ってくれたとしか言いようがありません。今年も例年通りの300系と400系の発売だとばかり思っていました。300系のBDP-S390は欧州でもアメリカでも出てますし、400系のBDP-S490は欧州で出ていますからそれらを日本版にローカライズすると思っていましたから。
 
 今年日本で発売するのはWi-Fiを最初から搭載している500系のBDP-S590とコンパクト機の最廉価版BDP-S190です。
 
 BDP-S590はWi-Fiを搭載している上に、SONYの日本版BDプレーヤーでは初(PS3を除く)となるのDLNAクライアント機能を搭載しています。また、3D対応はもちろん、SACD再生対応、BRAVIA並のネットサービス機能も搭載しているなど、時代に即した上位機種であると言えるでしょう。
 
 一方BDP-S190は、北米版ではおそらくBDP-S185として売られているものの日本版と思われます。こちらはBru-layの基本機能を搭載している他、動画サービス等のネットサービス機能を搭載しています。DLNAクライアント機能やスマートフォンでの操作には対応していません。
 
予想価格はPhile-webにあるとおり。これまで通り、北米版に比べると高い強気の価格設定となっています。ちなみに2012.7.27現在の北米版の価格はS590が$129.9、S185が$89.9です。為替レートを80円/$としても10,400円、7,200円といったところです。ただ、当初価格がPhile-webの水準だと、数ヶ月でS590は1万円台後半、S190は1万円を切ってくると予想されます。

 以前の記事で2012年の北米版のSONY Blu-ray Disc Playerには400番台が存在しないと申しましたが、SONY UKのサイトつまり欧州版にはBDP-S490があったのでした。

http://www.sony.co.uk/product/blu-ray-disc-player/bdp-s490

誤植か分かりませんが、BDP-S390と同じ£129です。1ポンドが124.79円(執筆時レート)なので16,000円強というところでしょうか。

外観はS590と同様な逆台形な感じです。機能面もだいたい今までと同じようにS390に3D機能を付けた、またはS590からWi-Fiを削った感じでしょうか(詳しく見てませんが)。

これで日本版は例年通りBDP-S390とBDP-S490の2機種体制になるのかな?

 

-- 注意 --
欧州版BDプレーヤはBDリージョンが日本・北米と異なります。DVDリージョンは同じです。逆に北米版BDプレーヤはBDリージョンは一緒ですがDVDリージョンが異なります。

カスタム検索
Access Counter
Powered by Movable Type 4.22-ja

2016年9月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30