2010年4月アーカイブ

 ■ ヤマハ、3Dパススルー対応のエントリーAVアンプ「RX-V567」「RX-V467」を発売 (Phile-web, 2010.4.27)

 

ヤマハは、エントリークラスのAVアンプ新製品として、「RX-V567」「RX-V467」を6月下旬に発売する。

  • 7.1chAVアンプ「RX-V567」 ブラック/シルバー ¥61,950(税込) 6月下旬発売
  • 5.1chAVアンプ「RX-V467」 ブラック        ¥49,350(税込) 6月下旬発売

 

--

なんか久しぶりのYAMAHAシネマDSPアンプですね。さて、まず第一に目に付いたのが型番で、これまでDSP-A/AXからAX-Vxxxと変化していたものが世界共通のRX-Vシリーズに変わりました。型番からも分かるようにAX-V565およびAX-V465の後継機です。何が進化したのかというと、

  • 近頃話題の3D映像信号のパススルーに対応したこと
  • HDMIケーブル一本で映像と音声の伝送が可能なオーディオリターンチャンネル(ARC)に対応したこと
  • HDオーディオにシネマDSPを適用できるようになったこと(一部制限あり→DTS-HDはコア部分のみ)

が挙げられるようです。逆に退化したところもあって、

  • HDMIリンクでSONYが非対応になった

ことが挙げられます。これは私を含めたソニーファンには残念な点ですね。

その他はほぼ前機種のAX-V565/465を踏襲しているようです。ビデオアップコンバージョンおよびビデオアップスケーリングはRX-V567のみ搭載、レガシーなソースを活用したい人はこちらを選んでおくのが妥当かもしれません。また、AX-V765に搭載されている3DシネマDSPは載っていないようです。

V765に対するアドバンテージはHDオーディオへのシネマDSPの適用だけですので、これは当然今後出てくるV767によって補完されることになるのかな。

 

それにしてもやっとトレンドが戻ってきて今やゴールドなんてださい色はなくなってブラック/シルバーになりましたね。他社もブラックが多数派だし、どうもゴールドに違和感のあった私には嬉しいですね。

 

最近プログラミングばかりやっていてLISMO関係は全くチェックしていませんでした。今のメインPCはWindows7 64bitなんですが、7発売直後にチェックしたときには当然64bitには対応していなかったのでついそのままにしてました。(11月くらい)

改めて調べてみるとその後12月下旬に対応したようですね。Vista時代はOS自体があまり普及しているとはいえない状態だったためか、SONYも対応していなかったのですがさすがにWindows7になり64bit版も急速に普及し始めたのがきっかけだったのではないでしょうか。
 
 
ここから各機種のUSBドライバの最新版(Windows7 32/64bit対応)がダウンロードできます。
 
自分はPremier3ユーザなので特別扱いで記しておきます。
 
また、LISMO PortソフトウェアもVer.4.0はそのままですが当初のものからアップデートされています。おそらくx-アプリのWindows7 32/64bit対応に合わせたものと推測されます。
  • 当初:SetupLP.exe (130053KB/2009.10.19/Ver,4.0.00.10061)
  • 現在:SetupLP.exe (130227KB/2009.12.22/Ver.4.0.01.12040)
LISMO Port最新Ver.4.0.0.1ダウンロードはこちら
http://www.au.kddi.com/customer/lismo/service/download/dl_lismo_port.html
 
そんな訳でWindows7 64bitでも快適LISMOライフが楽しめますね。もちろんx-アプリと組み合わせて賢く使って下さい。
 
x-アプリ最新版ダウンロードはこちら
 
 

 

2010年03月25日(木) 

 

ホント最近知ったこと>VB.NETはMsgboxじゃなくてMassageBox.Showを使うのが正解ぽい

posted at 02:14:15

【備忘録】XMLのserialize,deserialize VB.NET >http://dobon.net/vb/dotnet/file/xmlserializer.html

posted at 16:58:44

 

 

2010年03月30日(火) 

 

VB.NET テキストボックスの改行をbrタグにするのは超単純にこれでいけた>Replace(txtA,vbCrLf, ("<br>" & vbCrLf))

posted at 17:27:23

 

2010年03月31日(水) 

 

VB.NET これは非常に参考になった。複数イベントをまとめるとか。>http://goo.gl/0hIe

posted at 16:15:53

 

2010年04月02日(金) 

 

[VB.NET] Small BasicのLibraryを利用してMP3を簡単再生させてみた>http://goo.gl/5u1k

posted at 18:24:37

 

2010年04月08日(木) 

 

明日はListView (MultiColumn)への値の代入とTimer, Tickイベントについて調べて実装する予定。#vbnet

posted at 02:59:17

ああそうだ、そろそろTry~Catchを覚えないといかん #vbnet

posted at 03:06:09

VB2010関連記事>VBの自動プロパティ、コレクション初期化子、行継続 http://bit.ly/9rSNqh#vbnet

posted at 09:12:14

【備忘録】VB.NETのクラスをVBAで使用 http://7ujm.net/VB/VBAVBnetActiveX.html#vbnet

posted at 12:09:18

Functionプロシージャの勉強をVBAから始めたのが失敗だったか。戻り値はプロシージャ名じゃなくてReturnに入れるのがVB.NET流らしい>http://goo.gl/Nqll #vbnet

posted at 12:17:53

 

2010年04月09日(金) 

 

マルチカラムのListViewから例えば4列目の1行目に入っている値だけ取得したいのだが、方法が分からない・・・ #vbnet

posted at 19:54:13

 

2010年04月10日(土) 

 

それにしてもListViewが全然わからん。ListBoxは簡単だったのに。マルチカラムになるだけでこうも違うとは。#vbnet

posted at 02:25:08

 

2010年04月11日(日) 

 

ListView(マルチカラム)への値の代入例:配列tag()を作っておいて ListView1.Items.Add(New ListViewItem(Tag)) で入る。#vbnet

posted at 03:50:15

ところがListViewからの値の取得の方が難しくて未だに分からない状態 #vbnet

posted at 03:50:54

 

2010年04月14日(水) 

 

自分用に作っていたヤフオク出品ヘルパーアプリケーションがやっと完成。ありがとうVB2008Express。

posted at 00:13:19

Visual Studio 2010を4月20日から提供開始。パッケージ版は6月18日発売。Express版(無料)は4月27日からダウンロード開始>http://goo.gl/SVBe

posted at 16:45:26

 

2010年04月15日(木) 

 

勢いでmp3/wmaプレーヤソフトを作った。#vbnet

posted at 21:44:06

SmallBasicのLibraryを使う方法は結局は駄目だった。ファイル名の指定がSBだとPrimitive型で、VB.NETでこれをStringに変換するのが分からなくて挫折。結局WMP.DLLを参照して利用。#vbnet

posted at 21:45:58

それにして各種イベント処理が難しい。たとえばポーズされているかの判定とかも分からなくて、1ボタンで一時停止/再開を実装したかったのが出来なかったorz #vbnet

posted at 21:48:27

そうそう、あとListViewはすっぱり諦めたw ListBoxマンセーw #vbnet

posted at 21:57:39

あとはTwitterAPIを組み込めば、つぶやきプレーヤーになる!ってところまで作った。#vbnet

posted at 22:07:38

 

2010年04月16日(金) 

 

ソースコードの最適化。同じ塊が何カ所もあるので、Sub化またはFunction化 #vbnet

posted at 10:49:36

CodeZineの.NET関連記事は有料のWindows Forms Controlの話題が多い。初心者講座とかやってほしい。 #vbnet

posted at 17:14:40

異なるフォーム間の値の受け渡し。DOBON.NETさんには頭が上がらないな。本当にいいサイト>http://dobon.net/vb/dotnet/form/accessanotherformdata.html

posted at 18:41:46

@dz11 別のフォームのデータを取得するhttp://dobon.net/vb/dotnet/form/accessanotherformdata.html

posted at 20:25:47

@dz11 外部アプリケーションを起動 http://dobon.net/vb/dotnet/process/openfile.html

posted at 20:26:30

 

2010年04月17日(土) 

 

昨日作ったMP3Playerを精査。無駄な重複コードをSub・Function化、デバッグとインターフェイスの一部変更。フォーム間の値渡しを覚えたので設定フォームの追加(モーダルダイアログ)。#vbnet

posted at 02:48:16

数年前、覚えたい言語のNo.1はPHPとMySQLだったが、今覚えたのはVB.NETだった。開発環境の導入しやすさが決め手だったのかな。XHTML/CSSはやるのでPHPは今でも覚えたいが・・・

posted at 03:48:17

以前は何か覚えるんだったらWebサイトのデータベースをPHP/MySQLでなんとかしたいなぁと漠然に考えていただけでしたが、VB.NETの方は、MP3タグ情報をHTMLに自動変換させたいなぁと思っていたところに@ITの記事を見つけたので導入してみたという感じ。

posted at 03:51:45

派生言語としてOfficeVBAやAutoCAD VBAなんかもいじれるようになったのは良かったような悪かったような。

posted at 03:52:39

 

2010年04月22日(木) 

 

WMP.DLLを使うならあれこれ考えるより、フォルダを開いた時点でプレイリスト(ASX)をロード(なければ作成)してそれを使う方がコントロール的に楽かなぁ。#vbnet

posted at 19:10:05

 ■ ソニー、ネットワーク機能搭載の高機能ウォークマン用スピーカーシステム (ITmedia +D LifeStyle, 2010.4.8)

ソニーは4月8日、ウォークマン用スピーカーシステム「NAS-V5」「NAS-V7」ならびに「RDP-NW1」を4月下旬より順次販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格はNAS-V5が4万円前後、NAS-V7が5万円前後、RDP-NW1が1万3000円前後。

 

ソニーから、ウォークマン用つまりウォークマンPortを装備した新しいスピーカシステムが発売されることになりました。今までのスピーカシステムは単にスピーカ機能だけといった感じでしたが、今回は高機能なものになっています。NetJukeともまた違ったもので、主役はやっぱりウォークマンなんだと思います。

その高機能なスピーカシステムは、NAS-V7MおよびNAS-V5です。共通仕様として

  • CDプレーヤを搭載
  • CDからWalkmanにダイレクトエンコーディング録音が可能
  • 有線/無線LAN(11b/g)を搭載
  • おそらくGracenote CDDB対応
  • DLNAクライアント機能を搭載
  • インターネットラジオ(vTuner, SHOUTcast)に対応
  • FM/AMチューナー搭載(タイマー録音機能付き)
  • 外部入力端子(アナログ)も搭載
  • アンプ部は7.5W+7.5W
  • スピーカはフルレンジの65mmを左右1個ずつ搭載

が挙げられ、上位のNAS-V7ではさらに

  • 16GBの内蔵メモリを搭載
  • そのメモリ中に約34万曲のローカルCDDBを収録
  • CDからの録音は内蔵メモリにも対応

という追加機能があります。したがってネット環境がない場合にはNAS-V7がお薦めできるわけですね。

公式サイトによると、V7M/V5ともにUSBメモリ端子があるようですが、仕様ではV5にUSBメモリへのCDの録音は記載されていませんでした。これはちょっと気になるところ。

--

ゴールデンウィーク明けから東京で働きます。通勤が地下鉄になるので、ウォークマンを買おうと思っています。こないだ衝動買いしかけましたが、やっぱりちゃんと調べようと思いとどまりました(笑 一応狙っているのはAシリーズの32GBか64GBモデルです。Xは自分には要らないかな。タッチパネルタイプは逆に面倒くさそうです(経験上)。

それと前々から、卓上のCDプレーヤが欲しかったんですよね。安い製品ならすぐ買えそうなもんですが、デザインと音質がやっぱりどうも気になるので自分には無理ですね。その点、このNAS-V7M/V5ならその両方に優れているのでかなり購入意欲が沸いています。

あとはお金ですね・・・。前のエントリで、Visual Studioの導入も検討していると書いたので、天秤にかけるとこっちの方が優先されそうですが・・・。

 

 ■ マイクロソフト、最新開発環境「Visual Studio 2010 日本語版」を4月20日より提供(Impress Enterprize Watch, 2010.4.13)

マイクロソフト株式会社は4月13日、統合開発環境の新版「Visual Studio 2010日本語版」を発表した。英語版のVisual Studio 2010は同日にRTM(製造工程向けリリース)を完了し、MSDN Subscription会員向けの提供を開始。日本語版については、4月20日より順次提供開始され、無償版の「Visual Studio 2010 Express」も4月27日にダウンロード提供が開始される。また今回は同時に、.NET Framework 4も正式リリースされている。

Visual Studio 2010および.NET Framework 4の正式日本語版がついに提供開始です。無料のExpress版は4月27日から、パッケージ版は6月18日からの販売となります。

エディションは見直しがなされ、ローエンドがExpress、ローレンジがProfessional、ミドルレンジがPremium、ハイエンドがUltimateとなります。見直しされたんでしょうけど今までのエディションとの関係がちょっと分かりづらいですね。

  • 2005/2008 Standard → 2010 Professional
  • 2005/2008 Professional → 2010 Premium
  • 2005/2008 Professional Team Edithion → 2010 Ultimate

といったところでしょうか。

ライセンス形態は相変わらず複雑です。趣味プログラマーな自分などには基本的にはExpressで十分なんでしょうけど、今回はちょっと製品版が欲しいなぁと思ったりしています。キャンペーンで「2005/2008 Standardから2010 Professionalが39,800円」というのがあるので、今のうちにAmazonで2008 Standard(24,100円)を買っておこうか悩んでます。このアップグレードパスだと2008 Professionalからは適用されないのでしょうか?

どうせ買うなら、2008 Expressから2008 Professional (UPG)にすればWindows Moible 6.x向けの開発も出来るしなぁと思ったりもしますし、2010 Professional ではモバイル開発の扱いがどうなのかも気になるところです。

  1. 2008 Standard 24,100円(Amazon) + 2010 Professional UPG 39,800円 = 63,900円
  2. 2008 Professional UPG 54,000円(NTT-X) + 2010? = 54,000円+α

1.くらいの金額だとなんとか出せるんですが、2.で54000円にさらに・・・となると私にはちょっときついかな、と。

 

[VB.NET] Windows XPのGetDetailsOf項目

Windows XP ServicePack3

  • 0 名前
  • 1 サイズ
  • 2 種類
  • 3 更新日時
  • 4 作成日時
  • 5 アクセス日時
  • 6 属性
  • 7 状態
  • 8 所有者
  • 9 作成者
  • 10 タイトル
  • 11 表題
  • 12 カテゴリ
  • 13 ページ数
  • 14 コメント
  • 15 著作権
  • 16 アーティスト
  • 17 アルバムのタイトル
  • 18 年
  • 19 トラック番号
  • 20 ジャンル
  • 21 長さ
  • 22 ビット レート
  • 23 保護
  • 24 カメラのモデル
  • 25 写真の撮影日
  • 26 大きさ
  • 29 この回のタイトル
  • 30 プログラムの説明
  • 32 オーディオ サンプル サイズ
  • 33 オーディオ サンプル レート
  • 34 チャンネル
  • 35 会社名
  • 36 説明
  • 37 ファイル バージョン
  • 38 製品名
  • 39 製品バージョン

覚え書きとして載せておきます。

27と28が無いのはよく分かりません。また、40以降は標準以外のアプリケーションで拡張されるようです。

 

Small Basicのリファレンスを眺めていたら出来そうだったのでちょっと作ってみたらあっさり出来てしまいました。

まず、Small Basicをインストールしておいてください。Microsoftが子供向けに出している開発言語で、VB.NETより簡単に導入、ビルド、公開など出来ます。各国語版が全て入っていますので日本語でも使えます。

Microsft Small Basic

それではVB.NETの方のコードです。その前に、プロジェクトの参照の追加でSmallBasicLibrary.dllを追加して下さい。C:\Program Files\Microsoft\Small Basic\内にあります。

Imports Microsoft.SmallBasic.Library

Public Class Form1

    Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, _
                              ByVal e As System.EventArgs) _
                              Handles Button1.Click
        Dim OFD1 As New OpenFileDialog()
        With OFD1
            .Filter = "MP3File(*.mp3)|*.mp3"
            .FilterIndex = 1
            .InitialDirectory = "D:\"
            .Title = "Open MP3 File"
        End With
        If OFD1.ShowDialog() = DialogResult.OK Then
            Label1.Text = OFD1.FileName
            Sound.Play(OFD1.FileName)
        ElseIf OFD1.ShowDialog() = DialogResult.Cancel Then
            Exit Sub
        End If
    End Sub
End Class

OpenFileDialogでMP3ファイルを指定してやると再生します。If文の中にある、

            Sound.Play(OFD1.FileName)

が再生用のメソッドです。簡単すぎます。これは非常に便利。WAVとWMAも再生出来ますよ。

Small Basic API Referencesも公開されていますのでご覧になって下さい。 

カスタム検索
Access Counter
Powered by Movable Type 4.22-ja

2016年9月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30