2009年8月アーカイブ

レコーダーで録画した映像をケータイに転送する機能、au 2009年秋冬モデルから採用 (ITmedia+D Mobile, 2009.8.26)

KDDIは8月26日、Blu-ray Disc(BD)レコーダーなどで録画したデジタル放送の映像を、au携帯電話に簡単に転送して視聴できる連係機能を2009年秋冬モデルから順次搭載すると発表した。

今回のKDDIの取り組みは、機器メーカーに依存することなく、au携帯電話の標準的な機能として、広く採用していく方針。対応するBDレコーダーや携帯電話は、2009年秋冬モデルの一部から順次拡大していくという。

将来的には、多くのデジタル家電とau携帯電話で、機種やメーカーに依存することなく接続およびデータの転送ができるようにしていきたい考えで、現在さま ざまなメーカーと話し合いを進めているとのこと。転送に利用するプロトコルなどは、KDDIが独自に定めるのではなく、既存の規格をうまく活用して行く予定なので、今後の展開次第ではキャリアやメーカーを問わずBDレコーダーと携帯電話の連係が実現する可能性もある

データの転送は、BDレコーダーと携帯電話をUSBケーブルで接続して行う。連係機能をサポートするBDレコーダーの第1弾は、ソニー製のおでかけ転送に対応した「BDZ-EX200」「BDZ-RX100」「BDZ-RX50」(9月以降に発売予定)など。これらの機種では、転送先としてau携帯電話が指定できるようになる。

---

現在、メーカー各社(SONY, Panasonic, Sharp)が独自仕様で携帯電話への録画映像の転送を行っているが、KDDIはこれら各社の既存の転送規格を利用しつつ今後のau携帯への転送を可能とするよう調整を図っていくようです。

ソニー、ケータイからBRAVIAへメッセージを送付できるサービス (インプレス ケータイWatch, 2009.8.28)

ソニーマーケティングは、携帯電話から据置テレビ「BRAVIA(ブラビア)」へメッセージを送信できる「x-Message Board」の提供を開始した。

  「x-Message Board」は、最大30文字までのメッセージを携帯電話からBRAVIA宛に送信できる機能。テレビを家庭内の伝言板のように使えるというもので、 BRAVIA向けのサービス「アプリキャスト」の新機能の1つとして提供される。携帯電話は3キャリア対応で、1台1台にニックネームをつけて、「父から のメッセージ」「子供からのメッセージ」を判別できるようになっている。携帯電話側で取得した位置情報も送信でき、テレビ側では地図が表示される。

 メッセージは専用サイトから送信する形となり、2007年春モデル以降のBRAVIA(KDL-V5、J5、XR1、X1、W1、ZX1、F1、V1、J1、JE1、M1シリーズ)で利用できる。利用料は無料。

http://www.jp.sonystyle.com/Taiken/Original/Applicastlabo.html

----

これは個人的に便利だと思いました。というのも、うちの両親は携帯電話のメールが使いこなせず、送っても見もしません(父の方は全く使わないのでEzweb契約すらしてません(笑))。でも父はテレビが好きで暇さえあれば見ている(ように感じます)ほどです。もちろん実家のテレビは私が相談に乗ったのでBRAVIAです。

なのでテレビに来たメールなら見てくれるのかな-、とか思ったわけです。

まあ、本当に必要なときは音声通話でかけますけどね。

FSF、アンチWindows 7キャンペーンをスタート (ITmedia Enterprize, 2009.8.27)

PCユーザーがソフトウェアを自由に使用する権利を推進するFree Software Foundation(FSF)は8月26日、プロプライエタリなOSである米Microsoftの次期OS「Windows 7」の普及に反対し、無料OSを推進する反Windowsキャンペーン「Windows 7 Sins」を開始した。同日正午から、米マサチューセッツ州ボストンの公営公園ボストンコモンで立ち上げイベントを開催する。

 FSFは、Windows 7発売を契機に、企業や一般ユーザーにMicrosoft、Apple、Adobeなどが販売しているプロプライエタリなソフトウェアの危険性について注 意を喚起したいとしている。このキャンペーンは、WindowsをはじめとするプロプライエタリなソフトウェアがPCユーザーに対して犯している「7つの 大罪」を告発するという。7つの大罪とは、プライバシーの侵害、教育への悪影響、ユーザーの占有、標準の誤用、独占主義、DRM(デジタル権利管理)の強 化、セキュリティの脅威としている。

---
とりあえず英語が苦手な日本人が「Windows 7 Sins」サイトを見たら「WIndows 7の広告かなぁ」とか思っちゃいそうな気もしますが・・・

なんかおかしなキャンペーンですね。いや、私もオープンソースなソフトウェアも使っていますけど、それはそれこれはこれでしょう。例えばOSやOOoで、大企業が大量に使うとしてそのサポートはどうなるんだ、という気がします。

基本的に”利益を得る”のが企業の目的ですが、オープンソースなソフトウェアを使って”最終的に”利益を得る、という行為は大丈夫なんでしょうか。ライセンス的に。そこら辺詳しい方いますか。

・・・DRMについては同意します(笑

デノン、「DENON Link 4th」対応ユニバーサルプレーヤー (ITmedia+D LifeStyle, 2009.8.28)

DENON DENON

デノンはBlu-ray DiscやSACD、DVD-Audioなどの再生が可能なユニバーサルプレーヤー「BDP-4010UD」を9月下旬より販売開始する。プレミアムシルバーとブラックの2色が用意され、価格は25万2000円。

--

デノンから、Blu-ray Discも見られるユニバーサルプレイヤー「DBP-4010UD」が発売されます。ITmediaの記事では「BDP-~」となっていますが、正しくは「DBP-~」です。BDを搭載しているからうっかり間違えたのでしょう。

「DENON Link 4th」というのは・・・

BDから取り出されたHD音声のHDMI接続による伝送において、AVサラウンドアンプのD/Aコンバーターを動作させるマスタークロックをDENON LINKによりプレーヤーへと返送し、互いに同一のクロックを共有しながらを動作させることでジッターの少ないデジタル音声の伝送を実現しています。音の 定位がより明確となり、クリアで立体的な音像を再現します。
DENON DBP-4010UD 商品サイトより)

ということで、この機能を使うには対応のAVアンプも必要となります。

ユニバーサルプレイヤーもとうとうBD時代になりましたか。というかSACDやDVD-Audioって売れてるんでしょうか。私の趣味の音楽ジャンルには絶対使われないので持ってないんですよね。

別にこんなマクロを組まなくても、標準の操作で「レイアウトのタブを右クリック→名前変更」で可能な上、非アクティブレイアウトに対しても可能なのですが・・・、一応習作ということで(汗

今回初めて使ったのは、

  • InputBox関数 (VBA)
  • Layoutオブジェクト

です。AcadEntity以外のオブジェクトつまりAcadObjectを扱ったのは初めてです。なので、最初コーディングしているときに、

Dim objLayout As AcadObject

なんて書いてみたのですが、動かしてみたら、objLayouts使ってないじゃない、みたいな感じで・・・。とりあえずアクティブレイアウトだけをいじる場合は要らないようですね。Layoutsコレクションから呼び出す場合には使いそうです。

Option Explicit

Public Sub LRENAM()

    Dim strSheetName As String
    
    On Error GoTo errsub
    
    strSheetName = InputBox("レイアウト名?")
    
    ThisDrawing.PaperSpace.Layout.Name = strSheetName

    Exit Sub
    
errsub:

    MsgBox ("そのレイアウト名は既に使われているか、" & vbCrLf & _
            "レイアウト名が32文字を超えているか、" & vbCrLf & _
            "名前に使えない文字が入っているか、" & vbCrLf & _
            "またはその他のエラーです。")
           
    Err.Clear

End Sub

実際のところ、どうしてこのマクロを組んだかというと、大量のファイル(と言っても20個ほどですが)の末尾のレイアウトをコピーした上で全て同じレイアウト名にする必要があったからです。ですので、実際に使ったのはInputBox関数ではなくて固定の文字列です。

レイアウトのコピーや複数ファイルの扱いなども出来れば良かったのですが、一度に色々は分からないし、本来の仕事もしなくてはいけませんから。今後の課題にしたいと思います。

スピーカー&マイク内蔵の新ウォークマン Sシリーズ、米国発表 (Engadget Japanese, 2009.8.26)

Walkman S

フランス発リークの あったウォークマン Sシリーズの新モデル NWZ-S544 / NWZ-S545 が米国で正式に発表されました。リークのとおり、2.4型QVGAワイドディスプレイ / ステレオスピーカー / マイク / 横置きスタンド / FMラジオを搭載。音楽 42時間・動画 6.5時間と長時間動作が可能です(スピーカー利用時は音楽 17時間・動画 5時間)。対応コーデックはMP3 / DRMなしのAAC / WMA / WAV / H.264 / MPEG4 / WMV / JPEG。8GBのS544は黒・スミレ・赤・ピンクの四色展開で$109.95、16GBのS545は黒、赤の二色展開で$129.95です。

ま た同時にEシリーズの新モデル NWZ-E344 / NWZ-E345 も発表になっています。国内ではEシリーズといえばスティック型ですが、海外では動画対応も含むエントリーモデル。2型のQVGAディスプレイを搭載して FMラジオも付いていますが、スピーカー、マイク、スタンドはなし。音楽 30時間・動画 4時間再生。対応コーデックはMP3 / DRMなしのAAC / WMA / WAV / WMV / JPEG。MPEG4 / H.264対応は製品ページにはあってプレスリリースにはない謎状態です。色はいずれも黒・赤の二色展開。価格は8GBのE344が$79.95、 16GBのE345が$99.95です。

---

日本では最新のXシリーズとWシリーズだけがSonicStageを使うことも使わない(ドラッグ&ドロップ転送が可能)ことも選択できますが、欧米版のWalkmanでは既にATRACは切り捨てています。今回の新型Sシリーズ・Eシリーズが日本に入ってきた場合にどのような処理をされるのか気になるところです。個人的にはX・Wシリーズのように両対応でも構わないですが、そうすることで価格がアップするのは簡便願いたいところではありますね。

 

ソニー、実売3万円のBDプレーヤー「BDP-S360」を発売 - ドライブ改良で画音質向上 (Phile-web, 2009.8.26)

ソニーは、従来のローエンドBDプレーヤー「BDP-S350」の後継機種「BDP-S360」を9月5日に発売する。

ドライブには、BDP-S350に搭載された、BD、CD/DVDそれぞれに専用のピックアップレンズを備える「プレシジョンドライブHD」を、さらに改 良したものを採用。ドライブの構造に改良を加えることで、ディスク読み取り時のドライブ内部の温度上昇を抑え、光学ブロックの温度を安定化し、読み取り精 度を向上。画質と音質を高めることができたという。

また、新たにドルビーTrueHD、DTS-HD Master Audioのフルデコードに対応。音声信号をリニアPCMに変換して出力することが可能になった。アナログ音声出力は2chのみ。

----

またしても日本ではローエンドのみの発売なのですね。正直がっかりです。しかも「BDP-S360」の予想価格帯が3万円とのことなので、先日発表された新型Playstation 3の29,800円とばっちり競合してしまいます。SONYとSCEが仲が悪いのかどうかは知りませんが、PS3を売りたいならローエンドはPS3、ミドルレンジにはBDP-S560やBDP-S1000ESを持ってきた方が得策なのではないかと私は感じます。

BDP-S560かBDP-S1000ESだったらS350から買い換えるのになぁ・・・

 

ちなみに、Amazon USでの表示価格は、BDP-S1000ESが$699.00~、BDP-S560が$277.13~となっており、本日の為替レート1$=93.87円の場合、BDP-S560は約26,000円となります。こんな現状で日本のBDP-S360が売れるのでしょうか・・・。

icon
Sony Style : BDP-S360
icon

ソニー、「CREAS 2」搭載&8倍フルHD録画対応のBDレコーダー4機種を発売  (Phile-web, 2009.8.26)

一昨日、ヤマダ電機に行ったところ、SONYのBDレコーダがX95を除いて全て売り場から撤去されていましたが、この発表を控えてのものだったのですね。

ソニーは、新開発の高画質回路「CREAS 2」を搭載し、操作性や機能を高めたBDレコーダー新モデル4機種を9月12日から順次発売する。BDZ-RX100/50は9月19日、BDZ-RX30/RS10は9月12日に発売となる。

従来のシリーズでは、目的別にX, A, L, Tの各シリーズに分かれていたが、新製品では全てR (Recorderの意)で始まる型番になり、XはWチューナー、Sはシングルチューナーと分かり易い構成となっている。

少々出遅れた感のあり、皆さん既に各所でご存じのことと思う記事ですが、大きい話題なので取り上げます。

SCE、大幅にスリム化した29,980円の「PlayStation 3」新モデルを発売 (Phile-Web, 2009.8.19)
SCE、29,980円の薄型「新PlayStation 3」を9月3日発売-初代の2/3に薄型化。HDMI CEC対応で、HDDは120GB (AV Watch, 2009.8.19)
SCE、薄型/低価格な新PlayStation 3を日本で発表-PS2互換無し。一生ゲームで遊べるプレゼントも (AV Watch, 2009.8.19)
薄くなった新 PS3 正式発表、2万9980円で 9月3日発売 (動画・ギャラリー追加) (Engadget Japanese, 2009.8.19)

ということで、Sony Conputer Entertainmentから、新型Playstation 3が発表されました。価格は¥29,800、発売日は2009年9月3日です。

設置寸法・厚さがちいさくなり、新チップ搭載によりHDオーディオのビットストリーム出力に対応しました。

ソニー、最大2TB記録が可能な「メモリースティック XC」を発表 (Phile-web, 2009.8.7)

ソニーは、最大2TBの記録容量を実現するメモリースティックの新フォーマット「メモリースティック XCシリーズ」の規格詳細を発表した。

XCシリーズは「メモリースティック PROシリーズ」を拡張し、最大2TBの記録容量を実現するもの。ファイルシステムにはexFATを採用。exFATは先日東芝が発表した「SDXCメモリーカード」(関連ニュース)にも採用されており、現在「メモリースティック PROシリーズ」やSDHCメモリなどに採用されているFAT32フォーマットの拡張版とも言えるもの。

ラインナップとして「メモリースティックXC デュオ」と「メモリースティックXC マイクロ」、転送速度を強化した「メモリースティックXC-HG デュオ」、「メモリースティックXC-HG デュオ」の4種類を用意。ファイルシステムと記録容量以外のスペックは「メモリースティック PROシリーズ」のラインナップと同様となる。著作権保護技術マジックゲートおよび、アクセスコントロール機能にも対応している。

今年1月に規格が発表され、2009年中にライセンス契約を開始される旨がアナウンスされていた。ソニー広報によると、具体的な製品化については未定とのことだ。

--

使い道がなかなか思いつかないのですが・・・。現状で、メモリースティックじゃないと駄目なハードウェアというのが正直減ってきていますよね。例えばデジタルカメラ、これは著作権保護データは必要ないですから、市販のmicroSD(HC)→MS Duo変換アダプタなどを使えますし、PSPも同様です。デジタルオーディオプレーヤーでも、ATRACを残しつつもMP3のドラッグ&ドロップ対応にシフトしつつありますし。

個人的にいけるかなと思う想定用途は、UMDドライブレスのPSP Goでしょうか。UMDドライブレスということでゲームはPSNからのダウンロード販売になりますが、現状の最大32GBメモリでは容量の大きいゲームはあまり落とせません。よって大容量メモリーのXCは有効と言えます。また、違法コピーゲームの排除目的で、ダウンロードするゲームには著作権保護をつけるとか、PSNを拡張して動画販売なども良いかもしれません。こちらも著作権保護ありでしょうね。

なかなか普及させるのは大変そうです。

Windows 7 RTM版に「深刻なバグ」の指摘 (Computerworld.jp, 2009.8.6)

IT業界動向を伝えるブログ「Chris123NT’s Blog」は8月3日、「Windows 7 RTM版の深刻なバグ(Critical Bug in Windows 7 RTM)」というタイトルで、Windows 7 RTM版をクラッシュさせる方法とその画像を掲載した

  このエントリーによると、クラッシュが発生するのは2基以上のハードディスクを搭載したPCで、「CHKDSK [drive letter:] /r」コマンドを実行した場合だという。コマンドがメモリを使い果たしてPCをクラッシュさせ、ブルー・スクリーンになるという現象が、OSのインストー ル先であるメイン・ドライブでは発生しないとされている。ほかのテスターからも同様の現象が報告されている。

~~中略~~

シノフスキー氏は、今回指摘された「バグ」について、早急に原因究明や対処が必要なものとはとらえていないとも述べている。

  「すぐに修正パッチを作成し、ユーザーに告知しなければならないほどの『深刻なバグ』とは、何ら回避策がなく、なおかつ多くのユーザーが普通にPCを使っ ているだけで遭遇するようなものを指す。『深刻なバグ』『致命的な問題』という指摘はWindows 7に対する注目度の高さの裏返しだとありがたく思っているが、冷静に見て、ただちに対処が必要な問題だとは思えない」(シノフスキー氏)

--

「深刻」というほどではないですね。HDDがクラッシュするならともかくOSがクラッシュする程度ですから。記事にもありますが、「深刻なバグ」「致命的な問題」という指摘はWindows 7に対する注目度の高さの裏返し、全くその通りでしょうね。バグには違いないでしょうが、すぐにFixが出て終了という気がします。

ベンチマークソフト『Smartphone Bench(スマートフォン ベンチ)』を無償でリリース (@Press, 2009.8.6)

■株式会社ラスターワークス(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:石躍 胤臣)は、2009年8月6日、Android携帯の処理速度も計測できるベンチマークソフト『Smartphone Bench(スマートフォン ベンチ)』を無償でリリースいたします。

■主な測定項目
・画像/2Dグラフィックス/3Dグラフィックスの描画
 PNG、アルファ付きPNG、文字列、点、線、ポリゴン、テクスチャ有り複数オブジェクトを回転・移動させる際の画面更新など、一定時間での描画回数を計測します。

・CPU
 素数をカウントする時間と円周率を求める時間を計測します。

・ファイル
 一秒あたりの書き込み、読み込み量を計測します。

『Smartphone Bench』ダウンロードURL
http://www.lusterworks.co.jp/cgi-bin/tt03.pl?id=A000

スマートフォンベンチは、Android携帯およびWindows Mobile 5.0以降に対応したスマートフォンのベンチマークソフトです。

Googleが次期ブラウザ「Chrome 3.0」のベータ版を公開,30%以上高速化 (日経ITpro, 2009.8.6)

米Googleは米国時間2009年8月5日,次期オープンソースWebブラウザ「Chrome 3.0」のベータ版を公開した。高速化を中心に改良したほか,さまざまな機能を加えたという。同社のWebサイトから無償でダウンロードできる。対応OSはWindows Vista/XPのSP2以上。

こないだ2.0系の正式版が出たばっかりな気がしていますが、早くも3.0のベータ版が公開されました(調べたら2.0正式版が5月公開でした)。現行2.0系正式版にくらべ30%以上の高速化が図れたとのこと。

また、このベータ版からHTML5に正式対応とのことです。

Microsoftが『Windows XP Mode』のRC版を公開 (japan.internet.com, 2009.8.5)

Microsoft は、『Windows XP』に固執する人々が抵抗なく『Windows 7』に移行できるようにと手だてを整えているが、その取り組みを完成形へと導く最後の要素『Windows XP Mode』のリリース候補版 (RC 版) を公開した。

Windows Virtual PC RC/Windows XP Mode RCダウンロード (Microsoft)

WIndows XP Mode RCは、Windows 7 Professional/Ultimate上にWindows Virtual PC RCをインストールし、その上で動作する。また、ハードウェアレベルで仮想化技術対応のCPU(Intel VT, AMD-V)が必要で、なおかつBIOS上からその機能をオンにする必要がある。

Virtual PCはWindows 7 32bit用または64bit用のものが用意されている。また、Windows XP Modeは日本語版を含む9ヶ国語版が用意されている。

Windows 7 Home Premiumでは動かないので注意されたい。

MS、Windows 7の「アップグレードパック」と「ファミリーパック」を発表 (ITmedia Enterprize, 2009.8.1)

米Microsoftは7月31日、コンシューマー向けWindows 7の新たな2つのパッケージを発表した。購入したPCに搭載されているWindows 7を上位エディションにアップグレードできる「Windows Anytime Upgrade(WAU)」と、最高3台までのPCにインストールできる「Windows 7 Family Pack」だ。

--

 「Windows Anytime Upgrade」には3つのエディションがある。

  • Starter → Home Premium : 79.99ドル
  • Home Premium → Professional : 89.99ドル
  • Home Premium → Ultimate : 139.99ドル

発売は、10月22日のWindows 7 発売後になるようだ。
パッケージにはなっているが、実はアップグレード用のプロダクトキーのみが含まれるものである。日本を含む13ヵ国ではオンライン販売もされるとのこと。

「Windows 7 Family Pack」:最高3台のPCにインストール可能、中身はHome Premiumである。

  • Windows 7 Family Pack : 149.99ドル

発売は10月22日で、数量限定となるようだ。

---

Home Premiumの1ライセンスの通常版が199.99ドル、アップグレード版が119.99ドルなので、実はかなりお得なのでこれは是非とも購入しておきたいところ。

今回のこのFamily PackとAnytime Upgradeを組み合わせるとかなりお安い価格でWindows 7の上位版を手に入れることが出来そうです。

 

例えば、Ultimateの場合

  • 通常版×3本=38,800円×3本=116,400円
  • ファミリーパック+WAU×3本=約15,000円+約14,000円×3本=約57,000円

で、差額が59,400円と半分以下になります。(※1ドル=100円で換算)

Professionalの場合

  • 通常版×3本=37,800円×3本=113,400円
  • ファミリーパック+WAU×3本=約15,000円+約8,000円×3本=約39,000円

で、差額が74,400円とおよそ1/3にまで開きます。

 

ですので、自作erなどでOSを3本くらいは買う計画がある人は、10月22日発売の「Windows 7 Family Pack」は是非とも手に入れておきたいところですね。

 

[ 追記 2009.8.3 16:19 ]
ファミリーパックのパッケージをよく見ると、Upgrade版となっていますね・・・。ということは、別にVista Home Premiumのライセンスが必要ということになりますから、それほど安くなくなるような気がしてきました。比較対象が通常版じゃなくてアップグレード版ということです。

しかし、UltimateへのアップグレードはVista Ultimateからだけ、ProfessionalへのアップグレードはVista Businessからだけですから、これを使うことで比較的安く上位グレードのWindows 7を使えるようになるのは良いことかもしれません。

また、マイコミジャーナルの記事によると、日本での発売予定や価格は現在のところ不明とのことです。

カスタム検索
Access Counter
Powered by Movable Type 4.22-ja

2016年9月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30