2009年5月アーカイブ

mixiのマイミク(フレンドのこと)さんの日記で知り、これは面白いということで紹介します。

SONYのBlu-rayレコーダーの機能に<x-おまかせ・まる録>というのがあるのですが、この機能が如何に凄いかということを紹介するためのスペシャルサイトが立ち上がっています。

<x-おまかせ・まる録>スペシャルサイト(スクリーンセイバーも落とせます) (SONY)

概要は上記サイトを見れば丸わかりですが、これがスクリーンセイバーで体験できます。

スクリーンセイバーはWindows版とMacintosh版の両方あるので是非試してみて下さい。

たびたび噂のあったPSP2・新型PSPの話題ですが、PSP Goというもので確定したようです。本当はE3で発表されるはずだったようですが、SONYがアメリカでPS3向けに配信しているビデオマガジン「Qore」で紹介されたとのこと。

新PSPはスライド式の 「PSP Go」、UMD廃止・Bluetooth内蔵 (動画・写真追加) (Engadget Japanese, 2009.5.30)
ソニーの新型PSPは「PSP Go」、大容量メモリなどを搭載して大作ソフトも複数投入へ (GIGAZINE, 2009.5.31)

PSP Go 前面 PSP Go 背面

PSP Go スライド

画像のように、背面にはUMDスロットらしきものはありません。

 

個人的には、UMDレスのPSPよりも、BDレスのPS3を出して欲しいです。PSP Goは内蔵メモリ16GBということですが、ゲームをPSNからダウンロードしてくるということを考えると少ないような気がします。そこは拡張メモリで対応するのでしょうけど。一方BDレスのPS3なら、HDD搭載ですから容量も十分に確保できると思うのです。まあこうしてディスクレスのゲーム機が出てくるということなので、BDレスPS3も期待してもいいのではないでしょうか。

[AutoCAD VBA] 整数型と長整数型

少し前のエントリーで、「ラスターイメージをオン/オフするマクロ」を作りましたが、今日ある図面で動かしたらラスター表示が消えませんでした。あれれ?と思い、ステップインで実行してみたところ、

' 選択セット内のオブジェクト数を取得
IntCnt = SentakuSet.Count

この処理の箇所でエラーに飛んでいるようです。エラーの種別も分からないため、エラー用サブルーチンに MsgBoxでエラーナンバーを表示させてみました。すると、エラーナンバー 6 、つまりOverflowということがわかりました。そこでピンと来ました。

上のコードから分かるとおり、オブジェクト数を整数型( Integer )で定義していました。整数型で扱える範囲は -32,767~+32,767までです。つまり、CAD図面上のオブジェクト数がこれを上回っていることでオーバーフローが発生しているわけです。

したがって、これを長整数型( Long )に設定することで回避できると判断しました。Long型で扱える範囲は -2,147,483,647~+2,147,483,647 です。

元のソースの intCnt と For~Nextで使う n を Integer型からLong型に変更して実行するとエラー無く動きました。(念のため、IntCntをLngCntと変更しました)

 

 

昨日今日とSONY絡みの話題がぽろぽろ出てきているのですが・・・

ソニー、「<ブラビア>ポストカード」における携帯電話の対応機種を拡大 (Phile-web, 2009.5.25)
ソニー、新型“α”3機種のメディア向け説明会を実施 - 製品特徴を解説 (Phile-web, 2009.5.25)
ソニー、VAIO “type P”にWindows XP搭載モデルを追加  (Phile-web, 2009.5.26)
ソニー、高速ワイヤレスLAN「MIMO 3×3」対応機など“VAIO”新モデル4機種を発売 (Phile-web, 2009.5.26)
ソニー、新検索機能“ZAPPIN"搭載のウェアラブルウォークマン「NWD-W202」を発売 (Phile-web, 2009.5.26)
ソニー、直販サイトにて新規登録者へのクーポン配布キャンペーンを実施 (Phile-web, 2009.5.26)
ソニー、バージョンアップした次世代「Android」を採用したスマートフォンを開発中 (GIGAZINE, 2009.5.26)
 

私が心待ちにしている新型BDプレイヤーの日本発売の発表がなかなか出てきませんね・・・。部門が違うと言われてしまえばその通りなのでしょうけど。

この中で私が興味があるのはウォークマンですね。操作にジョグを採用しているため、ジョグ厨の方に最適。

ウェアラブルウォークマン「NWD-W202」。
こちらは先日発売されたWalkman Xシリーズでめでたく日本のWalkmanで初採用となった「MP3などのドラッグ&ドロップ(以下D&D)での転送」が採用されていて操作性が非常に簡単になっています。もちろんD&Dであるため、Macユーザーにも安心です。NWD-W202は逆に曲の転送はD&Dのみであるため、SonicStageによるATRACファイルでの転送には対応していません(Xシリーズは両方可能)。ウォークマンブランドでD&D対応が今後進んでいくのか、Xだけでは分からなかったのですが、これではっきり位置づけられたと言ってもいいんじゃないでしょうか。

もう一つ敢えて挙げるとすれば、次世代Android採用のスマートフォンでしょうか。
ただ、日本で出してくれるのかがさっぱり分からないんですね。現行モデルのExperia X1も日本では出ていませんし。また、Symbian OS採用のCyber-Shot&Walkman携帯 「Idou」も日本ではどうなのかな、と興味があります。

待ってました! Lenovo IdeapadシリーズにもION搭載機がっっ!!

ついに高グラフィック性能を実現したIONプラットフォーム採用の低価格ミニノートが登場 (GIGAZINE, 2009.5.25)
Lenovo IdeaPad S12 first to implement ION on mobile platform (PC Perspective, 2009.5.25)

ということで、GIGAZINEによるとその下のリンクが情報元のようですが、Lenovo Ideapad SシリーズのネットブックにnVIDIA IONプラットフォーム搭載機が追加されるようです。発売は7月か8月に推定600ドルかもしれないそうですが、まず北米で発売して、日本にはその後入ってくるのでしょう。その頃にはS12eとかになってるのかな?

現状、S10eの縦576pixelには別に不満はなく、それよりもせっかく16:9のモニタなのにHD画質の動画がもたついて見られないという方が問題なので、ION搭載機は心待ちにしておりました。

日本で発売されたら速攻で買い換えしたいと思います。

 

[ 2009.5.26 22:00 追記 ]

上田新聞 blog版さんの方で、詳しい仕様がまとめられていますね。

LENOVOが世界初のIONネットブック IdeaPad S12を発表 (上田新聞 blog版, 2009.5.25)

モニタサイズは12インチで1280×800、VGA/HDMI端子搭載、またS10などと同様にExpressCard/34スロットが搭載されています。バッテリーは6セルで約6時間稼働のようです。

画像で見たときにもしやと思ったのですが、やはり右側面のはExpressCardスロットなんですね。これでますます欲しくなりました。

野望に向けて始めの一歩を踏み出すべく、ちょっと調べてみました。

クリックで画像拡大
(クリックで画像拡大します)

いくつか分からないところもあるのですが・・・。

そういえば、ツール→オプションの「印刷とパブリッシュ」の設定もありますね。
あとで調べてみようと思います。

これが将来どう役立つのかは今は不明ですが、備忘録としてエントリーしておこうと思います。

LISMO Portの機能は、音楽を取り込んで携帯電話に転送することだけではありません。

LISMO Portの一機能である「ケータイデータバックアップ」では、パーソナルデータ(個人情報)である

  • スケジュール
  • タスクリスト
  • アドレス帳
  • アドレス帳のグループ

の携帯電話とパソコンの間での同期(シンクロ)と、

  • 携帯で写した写真と動画
  • 携帯メール

のバックアップが可能です。

■ シンクロ(同期)とは・・・

はじめに何も考えずにシンクロ(同期)処理を行います。そうすると、「スケジュール」「タスクリスト」「アドレス帳」「アドレス帳のグループ」の最新データが「携帯電話内データ」と「パソコン内のデータ」の両方に反映されます。

この状態で、携帯電話で新しい知り合いの携帯電話番号とメールアドレスを追加したとします。そうすると「アドレス帳」については「携帯電話内データ」の方が「パソコン内のデータ」より新しいものになりますね。

また、今度は帰宅してパソコンで新しいスケジュールを追加したとします。そうすると「スケジュール」については「パソコン内のデータ」の方が「携帯電話内データ」より新しいものになります。

つまりこの時点で「携帯電話内データ」と「パソコン内のデータ」はそれぞれ新しいが違うデータになります。ここでシンクロ(同期)を行うと、それぞれの新しいデータを比較した上で最新のデータが「携帯電話内データ」と「パソコン内のデータ」の両方に反映されます

これがシンクロ(同期)という処理です。

 

携帯をUSBクレードルに置くか、USBケーブルWINでPCに繋げて下さい(データ通信モードまたは高速データ通信モード)。自動的にLISMO Portが起動します。

「ケータイデータバックアップ」をクリックします。

ケータイデータバックアップが起動中です。(CASIO SOFT製ですね。有料同期ソフトMy Syncの会社です)

基本画面が立ち上がりました。

右側はカレンダーになっています。また、画面の左側を見ると、

  • PERSONAL DATA
    • カレンダー
    • スケジュール
    • タスクリスト
    • アドレス帳
  • PHOTO&MOVIE
  • E-MAIL READER

という表示があります。これらを押すことで右画面にそれぞれの詳細データが表示されます。
今はまだ何も入れてない状態なので特に何もありません。(場合によってはカレンダーに祝日が表示されていることはあるかもしれません。)

まず、au携帯電話との同期(シンクロ)の設定をします。

「ファイル」→「設定」→「シンクロ設定」を選択します。

前述したとおり、シンクロ(同期)が可能なのは、「スケジュール」「タスクリスト」「アドレス帳」「グループ」の4項目です。それぞれにおいてのシンクロ動作として、

  • ケータイからパソコンへ(パソコンのみ更新)
  • パソコンからケータイへ(ケータイのみ更新)
  • シンクロ(双方を最新の状態に更新)

の3つのパターンを選択可能です。また、それぞれについて、条件が選択可能です。

「スケジュール」では、対象範囲を「全体」「今日以降」「日付で指定」の3つで選択できます。

「タスクリスト」では、「完了済みデータ」を含めるか含めないかを選択できます。

「アドレス帳」では、メモリナンバーでの指定が出来ます。

「グループ」ではグループナンバーの指定が出来ます。通常はデフォルトのままでいいでしょう。
ソフト上では0~99まで対応していますが、上限のグループ数は携帯電話により異なる可能性があります。

設定が終わったら、早速シンクロ(同期)させてみましょう。画面左上の「シンクロ」ボタンをクリックします。

どのデータをシンクロ(同期)したいか訊いてきます。必要に応じてチェックを外すことが可能です。
まずは最初ですので全てにチェックを入れておきましょう。

シンクロ(同期)が始まりました。

途中、アドレス帳の確認画面が出てきますが、まずはあまり考えないで「OK」をクリックします。

次はグループの確認画面。同様に「OK」をクリックします。

データの比較処理が終わりますと、更新するか訊いてきますので「はい」をクリックします。

更新しています。

 これでシンクロ(同期)処理は完了です。

 

出先で新しく知り合った人などの携帯番号やメールアドレスを登録するのはもちろん携帯電話でやる方が楽です。一方で、それを繰り返していく内にデータがいろいろ増えていき、グループ分けをいろいろ変更したくなったときに一件一件携帯を操作して変更するのは非常に面倒くさいものです。
そんな場合はパソコンとシンクロ(同期)してパソコンの広い画面で編集をすれば非常に楽になります。

皆さんもシンクロ(同期)をうまく活用して下さい。

あのGoogle製のブラウザ「Google Chrome」がバージョンアップ、さらに爆速に (GIGAZINE, 2009.5.22)

GIGAZINEで紹介されていたので早速アップデートしてみました。1.0系から2.0系だからメジャーアップデートです。既に入れている人は、右上のツールアイコンから「Google Chromeについて」を選択し、出てきた画面の一番下の「アップデートする」をクリックするだけです。まだ入れていない人は、http://www.google.co.jp/ から画面右の「ブラウザ」をクリックすると次の画面からインストール可能です。

入れてみた直後の感想。

とにかく速い。これはもう爆速と言って間違いないくらい速いです。たとえばニコニコ動画のマイページを開いてみると、Firefoxではマイリストのサムネイル画像が多少もたつきながら出てくるのですが、新しいChromeは本当に一瞬で出てきます。ちょっとこれは感動しました。

普段使いにはちょっと機能的に不満ですが、特に速度を気にするときなどには良いかもしれません。

モバイルFirefox Fennec for Windows Mobile公開、アドオン対応 (Engadget Japanese, 2009.5.19)

Mobile Firefox Fennec

待望のモバイルデバイス版のMozilla Firefoxが遂に公開されました。が、バージョンはまだα1ですのでそこら辺は多大な期待はしない方が良いでしょう。対応端末は、Windows Mobile 6搭載でARMプロセッサ搭載のものです。

このところ眠らせていたAdvanced W-Zero3 [es]にでも入れてみようかと思います。

[ 2009.5.23 追記 ]
Advanced W-Zero3 [es]ではインストール出来たものの起動できませんでした。

ヤマハ、84,000円のシネマDSP 3Dモード搭載AVアンプ「AX-V765」など2機種を発売 (Phile-web, 2009.5.14)
ヤマハの“新世代AVアンプ”に2つの上位モデルが登場 (ITmedia +D, 2009.5.14)
ニュースリリース (YAMAHA, 2009.5.14)
AX-V765 製品情報サイト (YAMAHA, 2009.5.14)
AX-V1065 製品情報サイト (YAMAHA, 2009.5.14)

AX-V765

AX-V765背面

具体的な性能についてはリンク先の記事を読んで下さい。

やはり予想通り出てきましたね、AX-V765。これまた私の予想通り、スピーカーターミナルがバナナプラグ対応型になっています。また、電源部も3極太型のACインレット対応になりました。

機能面ではAX-V565に搭載されているものは当然搭載されています。HDMI入力は4系統、出力1系統で、DOLBY TrueHD、DTS-HDマスターオーディオ、x.v.color、DeepColorに対応。もちろん1080pへのアップスケーリング機能も搭載しています。

シネマDSP関連では、シネマDSP-Plusは当然として、シネマDSP<3Dモード>に対応しています。フロントスピーカの上方にプレゼンススピーカを設置して劇場やホールの再現度を増すというもの。これとは別にブルーレイ7.1ch要件に対応するサラウンドバック7.1chにも対応しています。ただし、プレゼンス7.1chとサラウンドバック7.1chは同時には使えません。しかし、これらを手軽に切り替えることの出来るデュアル7.1chサラウンドを搭載しています。

AX-V1065ですが、1000番台ではありますが、DSP-AX863の後継機のようです。こちらで特筆するのはUSB端子の搭載でしょうか。アクセスしやすい前面にあり、デジタルオーディオプレイヤーやUSBメモリ内の音楽ファイルの再生が可能です。iPodを繋いだ場合はアルバムジャケットを表示する機能もついているようですね。
また、AX-V1065には準フラッグシップ機「DSP-Z7」に採用したウルトラロージッターPLL回路を内蔵し、デジタル音声の音質劣化の原因となるジッターの発生を抑制するなど、高音質チューニングを施されています。

発売は、AX-V765が6月下旬で¥84,000(税込)、AX-V1065が7月下旬で¥110,250(税込)。
現在AX-V565が4万円強で売られていて人気も高いです。両機の実勢価格がどうなるか、非常に気になるところです。

 

標準の画像アップロードもFCKEditorの画像アップロードも吐いてくるHTMLがむかつくのでちょっと調べてみましたら、FCKEditor CustomKitというものがありました。

今日のMovable Type 4.1:MT-Plugin-FCKeditorカスタムキットVer.2作ったよ (世界中の1%の人々へ)

この記事を参考にカスタムキットを入れてみたのですが、「サーバーブラウザー」をクリックすると何やらエラーが出てきてしまいます。34行目のはhttp:から始まるフォルダの場所、40行目はサーバのAbsolutePathだからうちで使っているさくらのレンタルサーバなら「home/dzone/www/blog/●●●●」になるはずだからそのようにしているんですが・・・・

ちなみに下の画像は既にアップロードされている画像のURIを直打ちしました。

困りました。便利なのに。

以下エラー内容

The server didn't send back a proper XML response. Please contact your system administrator.

XML request error: OK (200)

Requested URL:
/mt/mt-static/plugins/FCKeditor/fckeditor/editor/filemanager/connectors/php/connector.php?Command=GetFoldersAndFiles&Type=Image&CurrentFolder=%2F&uuid=1242143120251

Response text:
<?php
/*
 * FCKeditor - The text editor for Internet - http://www.fckeditor.net
 * Copyright (C) 2003-2008 Frederico Caldeira Knabben
 *
 * == BEGIN LICENSE ==
 *
 * Licensed under the terms of any of the following licenses at your
 * choice:
 *
 *  - GNU General Public License Version 2 or later (the "GPL")
 *    http://www.gnu.org/licenses/gpl.html
 *
 *  - GNU Lesser General Public License Version 2.1 or later (the "LGPL")
 *    http://www.gnu.org/licenses/lgpl.html
 *
 *  - Mozilla Public License Version 1.1 or later (the "MPL")
 *    http://www.mozilla.org/MPL/MPL-1.1.html
 *
 * == END LICENSE ==
 *
 * This is the File Manager Connector for PHP.
 */

ob_start() ;


require('./config.php') ;
require('./util.php') ;
require('./io.php') ;
require('./basexml.php') ;
require('./commands.php') ;
require('./phpcompat.php') ;

if ( !$Config['Enabled'] )
	SendError( 1, 'This connector is disabled. Please check the "editor/filemanager/connectors/php/config.php" file' ) ;

DoResponse() ;

function DoResponse()
{
    if (!isset($_GET)) {
        global $_GET;
    }
	if ( !isset( $_GET['Command'] ) || !isset( $_GET['Type'] ) || !isset( $_GET['CurrentFolder'] ) )
		return ;

	// Get the main request informaiton.
	$sCommand		= $_GET['Command'] ;
	$sResourceType	= $_GET['Type'] ;
	$sCurrentFolder	= GetCurrentFolder() ;

	// Check if it is an allowed command
	if ( ! IsAllowedCommand( $sCommand ) )
		SendError( 1, 'The "' . $sCommand . '" command isn\'t allowed' ) ;

	// Check if it is an allowed type.
	if ( !IsAllowedType( $sResourceType ) )
		SendError( 1, 'Invalid type specified' ) ;

	// File Upload doesn't have to Return XML, so it must be intercepted before anything.
	if ( $sCommand == 'FileUpload' )
	{
		FileUpload( $sResourceType, $sCurrentFolder, $sCommand ) ;
		return ;
	}

	CreateXmlHeader( $sCommand, $sResourceType, $sCurrentFolder ) ;

	// Execute the required command.
	switch ( $sCommand )
	{
		case 'GetFolders' :
			GetFolders( $sResourceType, $sCurrentFolder ) ;
			break ;
		case 'GetFoldersAndFiles' :
			GetFoldersAndFiles( $sResourceType, $sCurrentFolder ) ;
			break ;
		case 'CreateFolder' :
			CreateFolder( $sResourceType, $sCurrentFolder ) ;
			break ;
	}

	CreateXmlFooter() ;

	exit ;
}
?>

さらにググってみると、

MT4.1での画像アップロードをMT3と同じくシンプルにする (熊茶壜, 2008.6.22)

という記事を発見。パーミッションの設定をしなくてはいけないと書いてある。
どのファイルのパーミッションをどう設定すればよいのか・・・試行錯誤してみるしかないか。

FCKEditorのカスタマイズ [MT4/FCKEditor]

これだけ高機能なのだから、カスタマイズもいろいろ出来るんだろうな、と早速ググってみたところわかりやすいところが見つかりましたのでご報告(というか私自身の覚え書き)です。

FCKEditorのカスタマイズ (ZYYX OpenCMS情報サイト)

私が前のエントリーで指摘していた、Enterを押すとp~/pになるのも制御できるんですね。

早速色々弄ってみようと思います。

たとえばこんな感じで文字を入力してるじゃないですか・・・ (ここでスクリーンショット→改行の為Enterを押します。

 

fcktest01.jpg

 

そしてEnterを押したのが次のスクリーンショットです。

fcktest02.jpg

 画面が上に戻るという意味がお分かりでしょうか。

画面が広いデスクトップではまあ我慢して使えるんですが、縦576pixelしかないネットブックで更新するときはいちいちこうなると気になりそうです。なんとかならないのでしょうか。

あとEnterがbrじゃなくてp~/pになってる気がするんですが・・・

環境:
 MovableType4.22-Ja
 FCKEditor
  はじめにhttp://plugins.movabletype.org/fckeditor/の奴(英語版1.2?)を入れて、mt-staticの中のを消してから、http://sourceforge.jp/projects/fckeditor/releases/の2.6Jaって奴を入れました。

なお、Firefoxでの場合のみ発生するようです。IE8では大丈夫でした。IE6,7その他では分かりません。

Test [MT4/FCKEditor]

一応出来ているのかな?という気はしてますが・・・

vpg.jpg

text color

 

なんか改行の為にEnterを押すと画面が上まで戻るっていうか・・・うまい言い方が分かりませんが・・・

 

a

 

カスタム検索
Access Counter
Powered by Movable Type 4.22-ja

2016年9月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30